トップページ > くらし > 市民便利帳 > 税金 > 軽自動車税の心身等の障がいによる減免

ここからメインメニュー

  1. メインメニューを飛ばして本文へ

くらしのメニュー

1つ前のメニューに戻る

まちのうごき

【2018年8月1日現在】

人口 42131 -27
21617 -15
20514 -12
世帯 15349 20

郡上の今

よくあるご質問

ここから本文

くらし

軽自動車税の心身等の障がいによる減免

 身体障害者手帳、戦傷病者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を持っている方(以降「障がい者の方」と称します。)のうち、一定の要件に該当する場合、申請いただくことで軽自動車税を全額免除する制度(障がい者の方1人に対し「普通自動車」、「車いす移動車などの構造減免車」を含め1台に限ります)があります。

誰が受けられるの?(減免対象者)

 減免が受けられるのは、障がい者の方のうち、下記の区分に該当し、さらに減免を受けられる軽自動車の所有者要件を満たしている方となります。
 なお、障がい者の方が社会福祉施設に入所、または病院に長期入院されている場合は、減免の対象になりません。

身体障がい者の方(身体障害者手帳の交付を受けている方)
障害の区分運転する方
障がい者の方本人生計を同じくする方
または
常時介護する方
視覚障害 1、2、3、4級 1、2、3、4級
聴覚障害 2、3級 2、3級
平衡機能障害 3級 3級
音声機能障害 3級
(喉頭摘出による音声機能障害に限る)
上肢不自由 1、2、3級 1、2級
下肢不自由 1、2、3、4、5、6級 1、2、3級
体幹不自由 1、2、3級と5級 1、2、3級
乳幼児期以前の非進行性の脳病変による運動機能障害 上肢機能 1、2、3級 1、2級
移動機能 1、2、3、4、5、6級 1、2、3級
心臓・じん臓・呼吸器・小腸・ぼうこう または 直腸の機能障害 1級と3級 1級と3級
ヒト免疫不全ウィルスによる免疫機能障害 1、2、3級 1、2、3級
肝臓の機能障害 1、2、3級 1、2、3級

戦傷病者の方(戦傷病者手帳の交付を受けている方)
障害の区分運転する方
戦傷病者の方 本人生計を同じくする方
または
常時介護する方
視覚障害 特別、1、2、3、4項症 特別、1、2、3、4項症
聴覚障害 特別、1、2、3、4項症 特別、1、2、3、4項症
平衡機能障害 特別、1、2、3、4項症 特別、1、2、3、4項症
音声機能障害 特別、1、2項症
(喉頭摘出による音声機能障害に限る)
上肢不自由 特別、1、2、3、4項症 特別、1、2、3、4項症
下肢不自由 特別、1、2、3、4、5、6項症、
1、2、3款症
特別、1、2、3、4項症
体幹不自由 特別、1、2、3、4、5、6項症、
1、2、3款症
特別、1、2、3、4項症
心臓・じん臓・呼吸器・小腸・ぼうこう または 直腸の機能障害 特別、1、2、3項症 特別、1、2、3項症
肝臓の機能障害 特別、1、2、3項症 特別、1、2、3項症
知的障がい者の方(療育手帳の交付を受けている方)

 療育手帳に記載された障がいの程度が「A」「A1」若しくは「A2」の方。

精神障がい者の方(精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方)

 精神障害者保健福祉手帳に記載された障がいの程度が「1級」の方。ただし、自立支援医療受給者証(精神通院医療に限る)が交付されている方に限ります。

※障がいが重複している場合、個々の障がいの等級により判断されますので、事前に市役所税務課までお問い合わせ下さい。

どの軽自動車が受けられるの?(減免対象車両)

 減免を受けられる軽自動車は、車検証上の名義人が障がい者の方ご本人名義の軽自動車に限ります。ただし、18歳未満の身体障がい者の方、知的障がい者の方、精神障がい者の方の場合は、障がい者の方本人と生計を一にする方の名義でも対象となります。
 なお、割賦販売契約による所有権留保付の軽自動車の場合は、下表の車の所有者欄に記載されている方が自動車検査証の使用者欄に記載されている軽自動車が対象になります。
 また、リース車の場合は納税義務者がリース会社になるため減免の対象になりません。

区分車の所有者運転する方使用目的
  • 18歳以上の身体障がい者の方
  • 戦傷病者の方
障がい者の方 本人 障がい者の方 本人 専ら日常生活に使用する
生計を同じくする方
または
常時介護する方
専ら障がい者の方の通学、通院・通所または生業のために使用する
  • 18歳以上の身体障がい者の方
  • 知的障がい者の方
  • 精神障がい者の方
障がい者の方 本人
または
生計を同じくする方
生計を同じくする方
または
常時介護する方


注1)運転する方が「生計を同じくする方」の場合は、障がい者の方と生計を同じくし、専ら障がい者の方の通学、通院、通所又は生業のために自動車を使用されることが条件です。
注2)運転する方が「常時介護する方」の場合は、障がい者の方が所有する軽自動車で、障がい者の方のみで構成される世帯の障がい者の方の通院、通所等のために、週3日以上かつ1年以上継続的に軽自動車が運行されることが条件です。
注3)障がい者の方が社会福祉施設に入所、または病院に長期入院されている場合は、減免の対象になりません。
注4)知的障がい者の方および精神障がい者の方の『本人運転』の場合は、減免は受けられません。
注5)1人の障がい者の方に対し「普通自動車」、「車いす移動車などの構造減免車」を含めて1台のみが減免対象となりますのでご注意願います。(普通自動車で減免を受けられている場合は、軽自動車税の減免は受けられません。)

申請に必要なものは?(必要書類等)

  • 身体障がい者等であることを証する書面
    • 身体障がい者の方:身体障害者手帳
    • 戦傷病者の方:戦傷病者手帳
    • 知的障がい者の方:療育手帳
    • 精神障がい者の方:精神障害者保健福祉手帳及び自立支援医療受給者証(精神通院医療に限る)
  • 運転する方の運転免許証(コピーでも可)
  • 自動車検車証(コピーでも可)
  • 印鑑(認印でも可)
  • 常時介護証明書 または 生計同一証明書
    (障がい者の方と運転する方が世帯分離している場合に必要)
  • 減免申請書

手続きはいつするの?(申請期間)

 毎年度4月1日から4月23日(納期限 4月30日の7日前)まで
 減免の申請は毎年手続きが必要です。

手続きはどこでするの?(受付窓口)

郡上市役所 総務部税務課
 〒501-4297
 郡上市八幡町島谷228
 電話:0575-67-1837
または 各振興事務所 振興課

受付時間は?

 月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分まで
 ※土・日・祝日及び時間外は受付できませんので、ご注意願います。

ご注意下さい!

  • 受けられる減免は、障がい者の方1人に対し「普通自動車」、「車いす移動車などの構造減免車」を含めて1台に限ります。(1人1台減免)
  • リース車両については減免の対象になりません。
  • 障がい者の方が社会福祉施設に入所、または病院に長期入院されている場合は、減免の対象になりません。
  • 減免の申請は、翌年度以降も毎年手続きが必要です。
  • 申請期限(4月23日)までに減免手続きがされない場合は、その年度の減免を受けることができなくなることがあります。



この記事に関連のある記事やサイト

この記事に関連のある資料

■お問い合わせ先
郡上市役所総務部税務課
〒501-4297 岐阜県郡上市八幡町島谷228番地
電話番号:0575-67-1837、FAX:0575-67-0604
E-Mail:zeimu@city.gujo.gifu.jp



より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページについてご要望がありましたら下記に入力してください。
※お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)
問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「ご意見・お問い合わせ」をご利用ください。
(個人情報を含む内容は記入しないでください。)


 

ページトップヘ