トップページ > 市政 > 博物館・資料館 > 郡上市内の博物館・資料館施設について

ここからメインメニュー

  1. メインメニューを飛ばして本文へ

市政のメニュー

1つ前のメニューに戻る

まちのうごき

【2018年10月1日現在】

人口 42037 -64
21558 -33
20479 -31
世帯 15326 -12

郡上の今

よくあるご質問

ここから本文

市政

郡上市内の博物館・資料館施設について

 市内には、文化財をはじめとする各地域の歴史や文化、自然などを展示解説した施設があります。施設によって開館日や時間等が異なります。展示替えなど施設整備等の都合により休館する場合もありますので、詳細は各施設へご確認のうえお越しください。

 

     郡上八幡樂藝館      

樂芸館外観

【開館時間】10時~16時

【休館日】月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)・年末年始

【入館料】一般210円・小中学生100円(20人以上団体料金)

【住所】郡上市八幡町島谷789-1

【電話番号】0575-66-1011

【内容】  ~大正時代に建てられた病院施設を活用した展示施設~

1904年に建てられた林療院を活用し、診察室や近代のレントゲン設備の展示に加え、市民の芸術文化活動の展示施設として整備されています。

本館や看護婦棟、レントゲン棟は1998年に国の登録文化財となっています。本館は、イオニア式オーダーの円柱など疑似洋風建築の外観を残し、本館左に見える看護婦棟は江戸時代の足軽屋敷の古材を活用したものです。レントゲン棟は大正時代に使用された貴重なものです。

 

    古今伝授の里フィールドミュージアム      

和歌文学館2

【開館時間】9時~17時(12月~3月は10時~16時)  

【休館日】火曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始

【入館料】一般310円・小中学生100円(20人以上団体料金)

【住所】郡上市大和町牧912‐1 

【電話番号】0575-88-3244

【内容】  ~古今伝授ゆかりの地にまつわる文化財を展示~

中世に郡上を治めた東氏の9代常縁(つねより)が、この地で古今伝授を行い、「古今伝授の祖」と呼ばれたことから、和歌をテーマとした野外博物館として平成5年に整備されました。国名勝の東氏館跡庭園や県史跡篠脇城跡などの歴史遺産のほか、東家から寄贈された和歌関連の資料や庭園跡で展示した出土品を展示する「東氏記念館」や和歌を視覚的に楽しめる展示の「和歌文学館」、大和町内の石器時代から中世にいたる貴重な出土品や近世の古文書などの指定文化財を集めた「大和文化財収蔵・展示館」などが併設されています。

 

     白山文化博物館      

白山文化博物館

【開館時間】9時~16時30分

【休館日】火曜日(火曜日が祝日の場合は翌日)・年末年始

【入館料】一般310円・小中学生100円(20人以上団体料金)

【住所】郡上市白鳥町長滝402

【電話番号】0575-85-2663

【展示内容】  ~白山信仰にまつわる文化財を展示~

白山信仰の美濃馬場の拠点として栄えた白鳥町長滝地区には、白山信仰隆盛の歴史を伝える様々な文化財が伝えられています。この館では、白山にまつわる文化や自然を知るテーマ展示や、長滝地区に伝わる貴重な国・県・市文化財を定期的に入れ替えて展示しています。 他にも、郡上宝暦騒動(郡上一揆)の傘連判状や、地域の歴史民俗の展示があります。

 

     白山龍宝殿      

【開館時間】9時~16時30分

【休館日】火曜日(火曜日が祝日の場合は翌日)・冬季

【入館料】一般310円・小中学生100円(20人以上団体料金)

【住所】郡上市白鳥町長滝91番地

【内容】長滝白山神社は、長良川下流域から白山山頂まで続く修験の道(美濃禅定道)の拠点として、特に平安から室町時代まで大いに賑わいました。この敷地内にある「白山龍宝殿」では、白山中宮長瀧寺に安置されていた白山信仰ゆかりの仏像群などを公開しています。

 

     たかす開拓記念館      

高鷲開拓記念館

【開館時間】10時~16時

【休館日】月曜日(月曜日が休日の場合は翌日)・休日の翌日(当該日が土日休日の場合は除く)・年末年始

【入館料】無料

【住所】郡上市高鷲町大鷲1244-8(たかす町民センター内)

【電話番号】0575-72-6321

高鷲開拓記念館(囲炉裏)

【内容】 高鷲町は、近代以降多くの人々が「開拓」に関わってきた地域です。明治時代の北海道開拓に始まり、第二次世界大戦中には多くの村民が満州へ開拓移民として海を渡りました。戦後は、多雪で湿地帯という厳しい自然条件で知られた蛭ヶ野高原をはじめとする大規模な村内開拓が進められました。
 これらの「開拓」をメインテーマとし、当時の資料や道具、関わった人々の証言をもとに、その歴史やくらしをわかりやすく展示しています。 苦難を乗り越えてきた先人の歩みと戦中戦後の人々の暮らし、その後の地域の発展など、様々な観点から高鷲と開拓の歴史を学ぶことができますので、ぜひお越しください。

 

     美並ふるさと館      

【開館時間】10時~16時

【休館日】月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)・年末年始

【入館料】一般210円・小中学生100円(20人以上団体料金)

【住所】郡上市美並町高砂1252番地2

【電話番号】0575-79-3440

【展示内容】 ~円空の初期から晩年までの仏像90体以上を展示~

円空ゆかりの地とされる美並町粥川地区に立つ美並ふるさと館は、円空ふるさと館と美並生活資料館からなっており、初期~晩年にかけての円空仏約95体の展示や、美並(特に粥川地区)の昔の暮らしぶりを、ジオラマを使用して目で見てわかりやすく再現しています。 なお、円空の足跡を研究成果とともに解説した展示施設「円空研究センター」が、美並まん真ん中センター内にありますので合わせてご覧ください。(入館料100円)

 

     明宝歴史民俗資料館      

明宝歴史民俗資料館内

【開館時間】10時~16時

【休館日】月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)・年末年始・冬季(12月~3月)の平日 

※冬季期間中の平日は事前予約なら見学可能
(0575-87-2211:明宝庁舎まで)

【入館料】一般210円・小中学生100円(20人以上団体料金)

【住所】郡上市明宝気良154

【電話番号】0575-87-2119

【内容】 ~村民によって集められた圧倒的な量の民俗資料展示~

小学校の旧校舎を、民俗資料博物館として昭和52年に設立した施設で、おもに村民の方々に提供していただいた生活用具を中心に、約47,000点あまりが収蔵されています。 そのうち、山村用具と人生儀礼用具約35,000点が国の指定を受けています。いずれもまとまって関連する資料が集められていることから奥美濃や山村地域の習俗の実態とその変遷を知る上で重要なものとなっています。

 

     和良歴史資料館      

【開館時間】10時~16時

【休館日】火・木曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始

【入館料】一般210円・小中学生100円(20人以上団体料金)

【住所】郡上市和良町宮地1121-1

【電話番号】0575-77-4012

【内容】 ~特別天然記念物オオサンショウウオを展示~

和良町で出土した遺物や、戸隠神社、宮代白山神社の宝物をはじめとする文化財、民俗資料を展示しているほか、国特別天然記念物のオオサンショウウオが飼育されており、間近で観察できます。




■お問い合わせ先
郡上市役所教育委員会事務局社会教育課
〒501-4222 岐阜県郡上市八幡町島谷207番地1
電話番号:0575-67-1128、FAX:0575-65-2584
E-Mail:syakai-kyouiku@city.gujo.gifu.jp



より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページについてご要望がありましたら下記に入力してください。
※お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)
問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「ご意見・お問い合わせ」をご利用ください。
(個人情報を含む内容は記入しないでください。)


 

ページトップヘ