本文は、ここからです。

安全に運動をするポイントについて

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するためには、一人一人が不要不急の外出を自粛し、他者との接触を8割程度減らすことが必要とされています。
 一方で、身体的、精神的な健康を維持する上では、体を動かしたり、スポーツを行うことが必要とされています。新型コロナウイルス感染症の影響による外出自粛時において、感染拡大を防止しつつ、安全にウォーキングやジョギングに取り組んでいただくために、以下の点に配慮をお願いします。

(参考:安全に運動をするポイントpdf142.5KB)

1 運動やスポーツを始める前に行うこと

(1)体温の測定

 始める前に体温が平熱(個人差がありますが通常は36℃前後)であるか確認し、これより高めの場合は屋外での運動は行わないようにしましょう。
 また、体温が37.5℃を超える場合は、運動のために外出しないようにしましょう。

(2)体調の確認

 以下の症状があるか確認し、一つでも当てはまる場合には運動は行わないようにしましょう。

  1. 咳、のどの痛みなど風邪の症状
  2. 倦怠感、息苦しさ
  3. においや、味がいつもと違う
  4. その他(体が重く感じる、疲れやすい等)

2 感染予防のための基本的な対応

(1)手洗いの実施

 運動の前後、休憩時、出かける前や屋外から帰宅した際など、こまめな手洗いを徹底してください。

(2)マスクの着用

 屋外でも人が多いところを避け、三つの密(密閉、密集、密接)のいずれかに該当する場所を極力避けるようにお願いします。また、運動を行う上で支障がある場合を除き、できるだけマスクの着用をお願いします。

3 ウォーキング、ジョギングを行う場合の留意点

  1. 一人で実施する
     感染予防の観点から、一人で行うようにしましょう。
  2. 人が多い場所を避ける
     人が集まる場所を避けて、すいた時間・場所を選んで行いましょう。
  3. 他の人との距離の確保
     屋外であっても、同じ方向に向かって歩く人とは、なるべく距離をとって行いましょう。
     ウォーキング...無風状態の場合5m程度
     ジョギング...無風状態の場合10m程度

4 記録の保存

 外出自粛の中で自身の生活リズムをチェックするためにも、日々の状況を記録しておきましょう。
(参考:日常運動・スポーツの記録pdf826.7KB)

5 その他の留意点

(1)高齢者、基礎疾患のある方について

 重症化リスクの高い高齢者、基礎疾患等のある人については、運動を行う前にかかりつけ医に相談しておきましょう。

(2)周囲の人への思いやり(エチケット)について

 外出自粛要請の中で外出している人は、食料品の買い出しや通院等、やむを得ない理由がある人が大半です。こうした人たちから見れば、通常と比べて呼気が激しくなりやすい運動やスポーツをしている人が近くを通った場合に、感染しないか不安になる場合もあります。
 ウォーキングやジョギングで人が集まる場所を通過する際には、マスクを着用いただく、ネックウォーマーやバンダナのような布で口と鼻を覆っていただく、呼気が激しくならないよう運動強度を落としていただく等、やむを得ない理由で外出している人への配慮をお願いします。

このページに関する
お問い合わせ先

郡上市教育委員会事務局スポーツ振興課

0575-67-1815

〒501-4222 岐阜県郡上市八幡町島谷207番地1
FAX:0575-65-6260
E-Mail:sports@city.gujo.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

Qこのページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は役に立ちましたか

Qこのページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報は見つけやすかったですか

回答が必要な場合は、上記担当部署へ直接お問い合わせをお願いいたします。
問い合わせ先が不明な場合は、「ご意見・お問い合わせ」をご利用ください。
また、こちらの欄には個人情報を含む内容は記載しないでください。