本文は、ここからです。

郡上市シェイクアウト訓練に参加しましょう【11月5日午前10時】

 郡上市シェイクアウト訓練を11月5日(金)午前10時頃に、全国瞬時警報システム(Jアラート)を通じた緊急地震速報の緊急放送に併せて実施します。
 シェイクアウト訓練とは、訓練放送を合図に1分間、地震から身を守るための行動(下記1~3)を家庭や学校、職場等で行う防災訓練です。
 地震から「いのち」を守るためには、自らの身は自らで守る「自助」が重要です。地震による落下物や、家具の倒壊から身を守れるよう訓練に参加し『3つの安全行動』を身に付けましょう!

3つの安全行動

  • まず低く(DROP)
    揺れで倒れることのないよう、体勢を低くして地面に近づきましょう。
  • 頭を守り(COVER)
    机やテーブルの下に入り、頭を守りましょう。屋外で頭を守るものがない場合は、腕や荷物を使って頭を守りましょう。
  • 動かない(HOLD ON)
    揺れが収まるまで動かずじっとしていましょう。(約1分間)

訓練当日の放送等概要

 ◯上り4音チャイム

 ◯「こちらは、広報郡上です。ただ今から、訓練放送を行います。」

 ◯緊急地震速報チャイム音

  「緊急地震速報。大地震です。大地震です。これは訓練放送です。」
   ※チャイムと音声案内を3回繰り返します。

 

3つの安全行動(まず低く(DROP)、頭を守り(COVER)、動かない(HOLD ON))を1分間行ってください。

 

 ◯「こちらは広報郡上です。これで訓練放送を終わります。」

 ◯下り4音チャイム

 

揺れが収まり(想定)、まわりの安全を確認して、訓練終了です。

 

 ※気象状況等により訓練を中止する場合は、訓練15分前までに防災行政無線でお知らせします。

シェイクアウト訓練プラスワン

 シェイクアウト訓練に加えて、避難訓練・備蓄物資の確認・初期消火などの「プラスワン訓練」を実施すると、訓練がより効果的になります。
 地震だけでなく、洪水や土砂災害についてもハザードマップ等を活用して、身の回りの危険箇所を確認しましょう。

 

〇プラスワン訓練の例

  • 避難訓練
  • 備蓄物資の確認
  • 初期消火訓練
  • 児童引渡訓練
  • 避難所開設訓練
  • 業務継続計画遂行訓練
  • 洪水や土砂災害などのハザードマップの確認
  • 山、川、水路などの危険箇所の把握
  • 避難所・避難場所の確認

この記事に関連のある記事やサイト

このページに関する
お問い合わせ先

郡上市役所総務部総務課

0575-67-1832

〒501-4297 岐阜県郡上市八幡町島谷228番地
FAX:0575-67-1711
E-Mail:soumu@city.gujo.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

Qこのページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は役に立ちましたか

Qこのページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報は見つけやすかったですか

回答が必要な場合は、上記担当部署へ直接お問い合わせをお願いいたします。
問い合わせ先が不明な場合は、「ご意見・お問い合わせ」をご利用ください。
また、こちらの欄には個人情報を含む内容は記載しないでください。