本文は、ここからです。

令和2年度から国民健康保険税の課税限度額及び保険税軽減範囲が変わります

改正の理由

 地方税法等の改正に伴い、令和2年度から国民健康保険税条例の一部を改正することになりました。

課税限度額

【令和元年度課税限度額(改定前)】

医療給付費分 61万円
後期高齢者支援金分 19万円
介護納付金分 16万円
96万円

【令和2年度課税限度額(改定後)】

医療給付費分 63万円
後期高齢者支援金分 19万円
介護納付金分 17万円
99万円

(注)介護納付金分は40歳以上65歳未満の被保険者の方に課税されます。

保険税軽減範囲の改正

 低所得者の国民健康保険税の軽減措置の対象を拡大するため、国民健康保険税の5割軽減及び2割軽減の対象となる世帯の軽減判定所得の引上げを行ないます。

【令和元年度軽減判定所得(改正前)】

 5割軽減 = 基準額33万円 + 28万円 × 被保険者数
 2割軽減 = 基準額33万円 + 51万円 × 被保険者数

【令和2年度軽減判定所得(改正後)】

 5割軽減 = 基準額33万円 + 28.5万円 × 被保険者数
 2割軽減 = 基準額33万円 + 52万円 × 被保険者

(注)軽減判定所得には、被保険者全員の所得に加えて、国民健康保険に加入していない世帯主の所得も含まれます。

このページに関する
お問い合わせ先

郡上市役所健康福祉部保険年金課

0575-67-1822

〒501-4297 岐阜県郡上市八幡町島谷228番地
FAX:0575-67-0604
E-Mail:hoken-nenkin@city.gujo.gifu.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

Qこのページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は役に立ちましたか

Qこのページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報は見つけやすかったですか

回答が必要な場合は、上記担当部署へ直接お問い合わせをお願いいたします。
問い合わせ先が不明な場合は、「ご意見・お問い合わせ」をご利用ください。
また、こちらの欄には個人情報を含む内容は記載しないでください。

よく検索されているワード