本文は、ここからです。

新型コロナウイルス感染症「緊急事態対策」 飲食店への営業時間短縮要請について(期間延長)

※緊急事態宣言の解除に伴い、内容が一部変更されました。

(2月27日)

変更内容

【要請期間】

 変更前:令和3年2月8日(月)から令和3年3月7日(日)まで

 変更後:令和3年2月8日(月)から令和3年2月28日(日)まで

 

【岐阜県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金 支給額】

 変更前:168万円(28日間×6万円/日)

 変更後:126万円(21日間×6万円/日)

 3月1日~3月7日までの期間については、別途要請がなされています。詳細は、下記ページを参照ください。
 「緊急事態宣言」解除後の飲食店への営業時間短縮要請について

 事業者への営業時間短縮要請に係る変更点(pdf・126.0KB)

 

 新型コロナウイルス感染症「緊急事態宣言」の期間延長に伴い、「飲食店営業許可」を受けている全ての飲食店を対象とした、営業時間の短縮要請の期間が延長されます。ご協力いただいた事業者の皆さんには、岐阜県より協力金が支給されます。

営業時間の短縮要請

要請対象

 食品衛生法に基づく「飲食店営業許可」を受けている全ての飲食店

 ※もともとの営業時間が午後8時までの店舗は、要請の対象外。

要請内容

 夜8時以降から朝5時までの休業もしくは終日休業および、酒類の提供は夜7時までとする。

要請期間

 令和3年2月8日(月)から令和3年2月28日(日)まで

【営業を自粛する時間】
 営業時間は午前5時から午後8時までに短縮
【酒類の提供可能な時間】
 午前11時から午後7時までに短縮

岐阜県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金

支給額

 126万円(21日間×6万円/日)

 ※要請の対象期間の全てにおいて、営業時間の短縮に応じること。

 ※もともとの営業時間が午後8時までの店舗は、時短・終日休業しても協力金の対象となりません。

 (協力金は所得税の課税対象となります)

申請要件

「新型コロナ対策実施店舗向けステッカー」を取得することが条件となります。未取得の事業者は、郡上市健康課または各地域振興事務所で申請し、速やかに取得してください。ステッカーについては、こちらの記事で確認してください。

※時短要請の開始日である2月8日までにステッカーの取得、掲示が間に合わない場合でも、岐阜県のガイドラインを遵守し感染防止対策を実施していれば、協力金の支給対象となります。ただし、そのような場合でもステッカーの取得、掲示が条件であることは変わりません。

※その他の要件は岐阜県ホームページをご覧ください

申請期間

 令和3年3月12日(金)~令和3年4月16日(金)

 ※4月16日の消印有効

お問合せ

 「岐阜県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金」専用相談窓口

 058-272-8192(コールセンター)

 9時00分~17時00分(当面の間、平日、土日祝日を問わず開設)

この記事に関連のある記事やサイト

このページに関する
お問い合わせ先

郡上市役所商工観光部商工課

0575-67-1808

〒501-4297 岐阜県郡上市八幡町島谷130番地1
FAX:0575-67-1820
E-Mail:shoukou@city.gujo.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

Qこのページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は役に立ちましたか

Qこのページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報は見つけやすかったですか

回答が必要な場合は、上記担当部署へ直接お問い合わせをお願いいたします。
問い合わせ先が不明な場合は、「ご意見・お問い合わせ」をご利用ください。
また、こちらの欄には個人情報を含む内容は記載しないでください。