本文は、ここからです。

(岐阜県)「『新たな日常』対応宿泊施設応援補助金」の募集開始について

 新型コロナウイルスとの闘いが長期化する中、「コロナとともにある(with_corona)新しい日常(new_normal)」を生き抜いていくことが求められています。岐阜県では、この「新しい日常」へ対応していくための整備を進める宿泊施設を応援するため、県内で宿泊事業者が実施する新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のための対策やワーケーション等新たな需要に対応するための取組み等に必要な費用の一部を補助します。

補助金の概要

(1)補助対象事業者

 岐阜県内で宿泊施設(※)を営む事業者(店舗型性風俗特殊営業を行う施設等を除く)

(※)「宿泊施設」とは、旅館業法(昭和23年法律第138号)第3条第1項の許可を受けたものが行う同法第2条第2項及び第3項の営業に係る施設をいいます。

(2)補助対象事業

 「宿泊施設における新型コロナウイルス対策ガイドライン(第1版)(策定:日本旅館協会等)」又は「コロナ社会を生き抜く行動指針(策定:岐阜県新型コロナウイルス感染症対策本部作成)」に沿って実施する感染拡大防止のための対策やワーケーション等新たな需要に対応するための取組み

    1. 備品等の購入又はリース
    2. 宿泊施設の工事
    3. 消耗品の購入
    4. その他知事が認める経費

(想定する事業の一例)

  • 非接触式体温計、サーモグラフィ、従業員用フェイスシールド等の購入
  • 飛沫感染防止のためのアクリル板やビニールカーテンの設置
  • 非接触チェックインシステムの導入、キャッシュレス決済の導入
  • 換気対策(CO2測定器、サーキュレーター、空気清浄機能付きエアコン)
  • 宿泊客向けのトイレの自動開閉蓋、自動洗浄の導入のための改修
  • ワーケーション等、新たな需要に対応するためのWi-Fi設備工事、施設改修
  • アルコール消毒液、使い捨てマスク 等

(3)補助対象期間

 令和2年5月14日(木)~令和4年2月1日(火)

(4)補助率

 補助対象経費の2/3以内

 ※消耗品の購入に限り1/2以内

(5)補助限度額

 施設ごとの客室数に応じて、1施設あたり以下の額を上限とします。

 1室~ 9室 666千円

 10室~29室 1,333千円

 30室~49室 4,000千円

 50室以上 6,666千円(消耗品の購入に限り、上限額は5,000千円)

 ※交付申請額(補助金額)が以下を下回る場合は、補助金を交付しません。

 備品等の購入、リース、工事の下限額 50千円消耗品の購入の下限額 150千円

募集期間

 令和3年7月12日(月)~8月31日(火)

 ※郵送のみ受付(締切日当日の消印有効)

交付決定

 令和3年9月以降順次

申請方法

 補助金申請書に必要書類を添付し、募集期間内に郵送により提出してください。

 なお、募集要項や各種様式等の詳細は、以下の岐阜県庁公式ホームページにて公開しているほか、県観光資源活用課又は各県事務所でも配付します。

 「新たな日常」対応宿泊施設応援補助金(岐阜県庁公式ホームページ)【別ウィンドウで開きます】

申請書提出先及び問い合わせ先

 中濃県事務所振興防災課産業労働係 

 〒501-3756
 美濃市生櫛 1612-2 中濃総合庁舎

 TEL:0575-33-4011(内線 217)

 Mail:c20505@pref.gifu.lg.jp

この記事に関連のある記事やサイト

このページに関する
お問い合わせ先

郡上市役所商工観光部観光課

0575-67-1808

〒501-4222 岐阜県郡上市八幡町島谷130番地1
FAX:0575-67-1820
E-Mail:kankou@city.gujo.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

Qこのページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は役に立ちましたか

Qこのページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報は見つけやすかったですか

回答が必要な場合は、上記担当部署へ直接お問い合わせをお願いいたします。
問い合わせ先が不明な場合は、「ご意見・お問い合わせ」をご利用ください。
また、こちらの欄には個人情報を含む内容は記載しないでください。