本文は、ここからです。

海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書の発行について

 市では、海外の渡航先への入国時に、相手国等が防疫措置の緩和等を判断する上で活用されるよう、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種の事実を公的に証明する接種証明書を交付します。
 この接種証明書は、海外渡航の際に必要な方へ交付するものであり、接種証明書を所持していないことによって、海外への渡航ができなくなるものではありません。接種証明書を提示することにより防疫措置の緩和等が認められる国や地域に渡航する場合に限ってのみ申請をお願いします。

対象者

 接種証明書は、以下の2つの条件のいずれにも当てはまる方を対象に発行します。

    1. 原則郡上市に住民票のある方で、予防接種法に基づく新型コロナウイルス感染症のワクチンの接種(医療従事者等の先行・優先接種、職域接種、通常接種(市町村の発行した接種券を使用しての接種)等)を受けたこと。
    2. 日本から海外へ渡航する際、接種証明書を所持していることにより、相手国による防疫措置の緩和が受けられる等の理由により、本証明書を必要とすること。

 

 ※海外渡航時の利用を目的としない方や国外等で接種を受けた方(日本の予防接種法に基づかない接種を受けた方)は交付対象外となります。対象とならない方が接種の記録を必要とする場合は、接種時に発行される「接種済証」又は「接種記録書」をご利用ください。

 海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書が使用可能な国・地域一覧は「外務省 海外安全ホームページ」(外部サイト)をご覧ください。

申請に必要なもの

  • (1)申請書(様式.pdf
  • (2)海外渡航時に有効なパスポート
     ※接種証明書に記載されるパスポート番号と海外渡航に使用するパスポートの番号が一致する必要があるため、接種証明書を取得した後にパスポート番号が変わった場合は、接種証明書を改めて取得してください。また、旅券発給申請中の方は、パスポートが交付された後に接種証明の申請をしてください。(旅券は外国籍の方等、外国政府の発行する旅券でも申請可。)
  • (3)接種券のうち「予診のみ」部分又はマイナンバーが確認できる書類(マイナンバー記載の住民票の写し等)
     ※(3)がない場合は、接種を受けた時の住所が記載された本人確認書類でもかまいません。
  • (4)接種済証又は接種記録書(予診票の写し(本人控え)も可)

 

 注:上記の書類が事情により提出困難な場合は、代わりとなる書類の提出をお願いする場合があります。

提出方法

 必要書類を郵送いただくか、窓口で申請してください。

<郵送先・申請窓口>

 〒501-4297 岐阜県郡上市八幡町島谷228番地
 郡上市役所 健康福祉部 健康課 

 ※証明書の発行には1週間程度かかる場合があります。

このページに関する
お問い合わせ先

郡上市役所健康福祉部健康課

0575-67-1834

〒501-4297 岐阜県郡上市八幡町島谷228番地
FAX:0575-66-0157
E-Mail:kenkou@city.gujo.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

Qこのページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は役に立ちましたか

Qこのページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報は見つけやすかったですか

回答が必要な場合は、上記担当部署へ直接お問い合わせをお願いいたします。
問い合わせ先が不明な場合は、「ご意見・お問い合わせ」をご利用ください。
また、こちらの欄には個人情報を含む内容は記載しないでください。