本文は、ここからです。

郡上八幡を舞台にした映画「ひみつのなっちゃん。」の公開情報について

 郡上八幡の町を舞台とした、映画『ひみつのなっちゃん。』が、2023年1月13日(金)より全国公開となりました。

 本作品は、温かな笑いと素直な涙で彩られたハートフル・ヒューマン・コメディ作品で、ドラマや映画の話題作に数多く出演する実力派俳優、滝藤賢一さんの映画初主演作となります。また、各界で活躍するキャスト陣が物語を彩ります。

公式サイト:https://himitsuno-nacchan.com/
公式: twitter@HimitsuNacchan

ひみつのなっちゃん

田中和次朗監督からのコメント

これは東京にいる仲良し三人組が、先輩のお葬式に行く"ひみつ"の映画です。
この"ひみつ"は死んでしまったなっちゃんの"ひみつ"のことだけではありません。
多かれ少なかれ大小問わず、誰かを想うがゆえに誰でも持ったり、隣り合わせになるみんなの"ひみつ"。
どれも特別で、特別だからこそどれも当たり前な"ひみつ"の物語です。
キャスト含め、製作が決定したのが2 年前。
"ひみつ"にしていた本作がここに発表され、送り出すことができて、とても嬉しいです。

滝藤賢一さんからの映画公演決定に寄せてのコメント

 今まで色んな役をやらせてもらいましたが、ドラァグクイーン役のオファーは初めてだったので、とてもトキめきましたね!が、同時に難しいチャレンジになると覚悟しました...。『ひみつのなっちゃん。』は2020 年撮影予定でしたが、コロナの影響で1年延期になり、より長く、作品、役と向き合うことができたのが幸運だったように思います。
 この映画の監修に入ってくださったクイーンのエスムラルダさんとお話できる機会をいただいたのですが、役以上に人間として為になることばかりでした。勿論、役として迷いまくっていた私の道標となりました。

 舞台となった郡上八幡は素晴らしい土地です。撮影初日の前日に監督と前野君、渡部君と夜の城下町をのんびり散歩したんですが、なんというか、汚れまくっていた心が洗われるような、不思議な感覚になりました。城下町から見上げる郡上八幡城はライトアップされていて神秘的だったなぁ。
 人が温かく、自然がいっぱいで、川が綺麗。温泉もあり、なにを食べても美味しかったです!第二の故郷、終の棲家にしたいと思ったくらいです。
 あのコロナ禍に、東京から大人数で行った私達を受け入れてくださった郡上八幡の方々には感謝しかありません。

 ドラァグクイーンとなった姿は、自分でも驚くほど美しいと思いましたね。ヘアメイクさんやスタイリストさん、スタッフの皆様のおかげです。新しい自分を発見しました(笑)
 皆様に観ていただけるのが楽しみでなりません。


『ひみつのなっちゃん。』
出演:滝藤賢一 渡部秀 前野朋哉 松原智恵子
脚本・監督:田中和次朗
製作:東映ビデオ 丸壱動画 TOKYO MX 岐阜新聞映画部
ロケ協力:岐阜県郡上市 ドラァグクイーン監修:エスムラルダ
配給:ラビットハウス 丸壱動画
©2023「ひみつのなっちゃん。」製作委員会

この記事に関連のある資料

このページに関する
お問い合わせ先

郡上市役所商工観光部観光課

0575-67-1808

〒501-4222 岐阜県郡上市八幡町島谷130番地1
FAX:0575-67-1820
E-Mail:kankou@city.gujo.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

Qこのページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は役に立ちましたか

Qこのページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報は見つけやすかったですか

回答が必要な場合は、上記担当部署へ直接お問い合わせをお願いいたします。
問い合わせ先が不明な場合は、「ご意見・お問い合わせ」をご利用ください。
また、こちらの欄には個人情報を含む内容は記載しないでください。