本文は、ここからです。

新型コロナウイルスワクチン乳幼児初回接種(1から3回目)について

 市では、新型コロナウイルスワクチンを未接種の乳幼児(6か月から4歳)を対象としたワクチンの接種を実施しています。乳幼児のワクチン接種を希望される方は、国保白鳥病院へ接種の予約をお願いします。

 新型コロナウイルスワクチンは、他の予防接種と同時に接種できません。互いに、片方のワクチンを受けてから2週間後に接種できます(インフルエンザワクチンは除く)。 

 なお、新型コロナワクチン接種の特例臨時接種としての実施期間は、令和6年3月31日までとなっております。

対象者

 郡上市に住民票がある6か月から4歳の乳幼児

 ※6か月となる日の前日から、5歳の誕生日の前々日まで接種できます。

 ※お子様のワクチン接種は、保護者の同意と立ち合いが必要となります。

接種の案内

 対象となる方には順次接種券及び申し込みに関する案内を郵送しています。

▼送付物

 接種券一体型予診票(白色3枚)、案内文書、国のリーフレット、委任状

▼発送スケジュール

 生後6か月になる月に発送します。

使用ワクチン

 ファイザー社製オミクロン株XBB.1.5対応1価ワクチン(6か月~4歳用)

 新型コロナワクチンの詳細については下記をご覧ください。

 ▼新型コロナワクチンについて(厚生労働省ホームページ)外部リンク

※1回目の接種時に4歳だったお子様が、3回目の接種までに5歳の誕生日を迎えた場合、2・3回目も1回目と同じ乳幼児用ワクチンを接種します。

接種回数

 初回接種として3回接種(3回で1セット)

接種間隔

 2回目の接種は、1回目の接種から3週間以上あける

 3回目の接種は、2回目の接種から8週間以上あける

接種日時

 2月6日(火)、2月27日(火)、3月19日(火) いずれも15時

接種会場

 県北西部地域医療センター国保白鳥病院

接種予約

 各自で予約が必要となります。

 ※接種人数によっては、ご希望に添えない場合もありますのでご了承ください。

 ▼予約先

 県北西部地域医療センター国保白鳥病院 健康サポートセンター

 電話:0575-82-3131  時間:平日の10時から17時

※接種希望日の前週金曜日の12時までに予約をしてください。

 予約後に接種を取り止める場合は、必ず国保白鳥病院へキャンセルの連絡をしてください。

接種券一体型予診票について

 予約および接種時には、予診票の記載事項が確認できるよう、お手元に準備をお願いします。紛失された場合は再発行の手続きが必要となります。郡上市ワクチンコールセンターへお問い合わせください。

 ▼新型コロナウイルスワクチン接種券の再発行について

接種当日の持ち物

 下記の持ち物をお忘れの場合、接種できませんので必ずご持参ください。

  • 該当する回数の予診票 事前に必要事項をご記入ください。
  • 母子健康手帳
  • 本人確認書類 マイナンバーカード、健康保険証など
  • お薬手帳(持っている方のみ)
  • 委任状(父母が同伴できない場合)

問い合わせ先

郡上市ワクチンコールセンター

電話 0570-02-0083

受付時間 平日 9時から17時

乳幼児ワクチン接種について

 新型コロナワクチンの接種を受けることは強制ではありません。予防接種の効果と副反応のリスクについて十分理解し、接種を受けるご本人(お子様)と保護者の方でよく相談のうえ、接種を受けるかどうかご判断ください。

 16歳未満の方の接種においては、原則、保護者(親権者または後見人)の同伴と予診票への保護者の署名が必要となります。

有効性・安全性について

 ワクチン接種によって、新型コロナウイルスの発症予防効果や重症化リスクの軽減が期待される一方で、ワクチンの副反応や、まれにアナフィラキシー(急性アレルギー反応)のリスクが考えられます。

 詳細な感染症予防の効果と副反応等のリスクについては、厚生労働省やファイザー社のリーフレットやWEBサイト等を参考としてください。 

ワクチン接種を受けていない人に対する差別的扱いの防止について

 新型コロナワクチン接種は強制ではありません。幼稚園・学校や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないようお願いします。

・学校等におけるいじめ・嫌がらせなどに関する相談窓口 

 文部科学省 「子どものSOS相談窓口」

・いじめ・嫌がらせなどについての人権相談に関する窓口 

 法務省 「子どもの人権110」

厚生労働省 ワクチン接種を受けていない人に対する偏見・差別事例に関するQ&A(一般の方向け)

接種を受けた後に副反応が起きた場合の予防接種健康被害救済制度

 予防接種の副反応により健康被害が生じた場合の救済制度を国が設けています。予防接種後に健康被害となるような強い副反応が生じた場合は、医療機関で受診、治療を受け、郡上市健康課までご相談ください。

郡上市 予防接種による健康被害が生じた場合について

厚生労働省 予防接種健康被害救済制度について

乳幼児ワクチン接種に関する参考情報

厚生労働省 生後6か月から4歳の子どもへの接種(乳幼児接種)についてのお知らせ

このページに関する
お問い合わせ先

郡上市役所健康福祉部健康課

0575-67-1834

〒501-4297 岐阜県郡上市八幡町島谷228番地
FAX:0575-66-0157
E-Mail:kenkou@city.gujo.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

Qこのページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は役に立ちましたか

Qこのページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報は見つけやすかったですか

回答が必要な場合は、上記担当部署へ直接お問い合わせをお願いいたします。
問い合わせ先が不明な場合は、「ご意見・お問い合わせ」をご利用ください。
また、こちらの欄には個人情報を含む内容は記載しないでください。

よく検索されているワード