本文は、ここからです。

講演会「明智光秀と連歌」および関連展示会のお知らせ

 古今伝授の里フィールドミュージアムでは、当地にゆかりの深い文芸「連歌」をテーマにした講演会と関連展示会を開催します。

講演会「明智光秀と連歌」

 歴史学と国文学を研究し、現代の「旅する連歌師」としても名高い鶴崎裕雄先生による講演会「明智光秀と連歌」を、7月11日に短歌の里交流館よぶこどりで開催します。
「本能寺の変」の直前、明智光秀が京都・愛宕神社の連歌会で詠んだ発句「ときは今天が下しる五月哉」は、「本能寺の変」を示唆したものという解釈もある有名な一句です。また、明智光秀の盟友とされる細川藤孝(幽斎)は連歌や和歌、茶の湯をたしなむとともに、『古今和歌集』の解釈等を秘伝する「古今伝授」を担った当代きっての文化人でした。

 戦国武将たちにとって連歌などの文芸はどのような意味を持ったのでしょうか。「ときは今」の句はどう解釈できるのでしょうか。ぜひ、ご来場ください。

日時

 令和2年7月11日(土)13時30分~15時00分(終了予定)

会場

 古今伝授の里フィールドミュージアム 短歌の里交流館よぶこどり 研修室

講師

 鶴崎裕雄氏(古今伝授の里フィールドミュージアム学術アドバイザー、帝塚山学院大学名誉教授)

参加費

 無料

定員

 30名(先着順、定員になり次第締め切ります)

申し込み方法

 古今伝授の里フィールドミュージアムまで、電話・ファックスのいずれかでお申し込みください。申し込みの際は、住所・氏名・連絡先電話番号・参加人数をお伝えください。定員に達し次第締め切ります。

関連展示会 「中世の文芸・連歌-"愛宕百韻"を中心に―」 

 「連歌」について、皆さんにもっと知っていただく機会として、講演会「明智光秀と連歌」に関連する展示会を8月31日まで和歌文学館で開催しています。

 古今伝授の里フィールドミュージアム文学顧問(大和町文学顧問)の、故・島津忠夫博士(大阪大学名誉教授、国文学者、文学史家)は、連歌や和歌の研究者でもありました。明智光秀が「ときは今」の発句を詠んだ連歌会の連歌は「愛宕百韻」と言われています。この「愛宕百韻」を、現代になっていち早く学術研究対象として取り上げた一人が、島津忠夫氏です。

 同氏から郡上市に寄贈いただいた「島津忠夫文庫」の貴重な和本から、連歌、特に「愛宕百韻」の参加者や、明智光秀ゆかりの人物の文物などを展示します。

 連歌の基礎資料の中には、室町時代末期に、天皇が参加し宮中で開催された連歌会の記録(懐紙)もあります。

 普段は公開していない資料ですので、この機会にぜひご覧ください。

会期

 令和2年6月3日(水)~8月31日(月) 9時00分~17時00分 

会場

 古今伝授の里フィールドミュージアム 和歌文学館

内容

 室町後期から江戸初期の「連歌懐紙」、明智光秀が発句を詠んだ「愛宕百韻」参加者の文物、当時を代表する文人・三条西実隆や細川幽斎の文物等の展示

入館料

 高校生以上320円 小中学生110円

 (※通常の入館料と同じです。東氏記念館・大和文化財収蔵展示館にも入館できます。)

その他

東氏記念館では、織田信長の「麒麟」の花押の文書や細川幽斎らの直筆短冊も展示中です。和歌文学館の入館券でご入館いただけますので、あわせてご観覧ください。

申し込み・お問い合せ先

 古今伝授の里フィールドミュージアム

 電話 0575-88-3244

 FAX 0575-88-4692

 開館時間 9時00分~17時00分

 毎週火曜日休館(火曜日が祝日の場合は開館、翌平日休館)

 〒501-4608

 郡上市大和町牧912番地1

※新型コロナウィルス感染症対策にご協力をお願いします。

  • 下記の場合はご参加・ご来館をご遠慮ください。
    • 当日の体調が普段と異なる場合
      ※家を出る前に、検温をするなどご自身の体調を確認してください。
    • 当日からさかのぼって2週間以内に、発熱や咳などの症状がみられた場合
  • マスクを持参、着用してください。
  • 入口での手指消毒にご協力ください。
  • 【講演会に参加される皆さんへ】
    • 講演会当日までに、連絡先電話番号など、お申し込みいただいた内容に変更がある場合は、お手数ですがご連絡ください。
      (施設来訪者または参加者等に新型コロナウィルス感染症が発症した場合のご連絡等のため)
    • 会場では適宜換気を行うため、冷房が十分に効かない場合がありますので、服装にご留意ください。
    • 今後の状況によって、やむを得ず中止する場合があります。その場合は、古今伝授の里フィールドミュージアムホームページ等でお知らせします。また、お申し込みをいただいた方には個別でご連絡します。
  • 【和歌文学館に来館される皆さんへ】
    • 受付にて「入館者カード」に、お名前などをご記入ください。(複数の場合は代表者のみで可)
    • 和歌文学館では、入館者人数を10人程度としています。それを超える場合はお待ちいただきますので、あらかじめご承知おきください。
    • 展示ケースなどには触れないでください。
    • 館内では他のお客様との距離を確保した上で、ご観覧ください。
  • その他、新型コロナウィルス感染症予防策にご協力をお願いする場合があります。ご理解の程、よろしくお願いいたします。 

このページに関する
お問い合わせ先

郡上市役所大和振興事務所振興課

0575-88-2211

〒501-4607 岐阜県郡上市大和町徳永585番地
FAX:0575-88-4351
E-Mail:ya.shinkou@city.gujo.gifu.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

Qこのページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は役に立ちましたか

Qこのページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報は見つけやすかったですか

回答が必要な場合は、上記担当部署へ直接お問い合わせをお願いいたします。
問い合わせ先が不明な場合は、「ご意見・お問い合わせ」をご利用ください。
また、こちらの欄には個人情報を含む内容は記載しないでください。

よく検索されているワード