本文は、ここからです。

農業経営基盤強化促進事業について

 農業経営基盤強化促進事業は、経営感覚に優れた「効率的かつ安定的な農業経営」を育成し、それらの農業経営が農業生産の相当部分を担うような農業構造の確立を目的とするもので、「農業経営基盤強化促進法」に基づく事業です。

 農業経営基盤強化促進事業は、次の5つの柱から成り立っています。

 

  1. 利用権設定等促進事業・・・・・・・・・・・・・・・農用地の賃貸借や売買を進める事業
  2. 農用地利用改善事業の実施を促進する事業・・・・・・地域で農業経営の改善を進める事業
  3. 委託を受けて行う農作業の実施を促進する事業・・・・農作業受委託を進める事業
  4. 農地保有合理化事業の実施を促進する事業・・・・・・農地の仲介を進める事業
  5. 農地利用集積円滑化事業の実施を促進する事業・・・・農地の集積を進める事業

 

1.利用権設定等促進事業

 農地を貸したいという農家と農業経営規模の拡大を図りたいという認定農業者等との間に、安心して農地の貸し借りができる事業です。
 本来、農地の貸し借りをする場合には、農地法の許可が必要ですが、利用権設定等促進事業で貸し借りをする場合は農地法の許可が不要になりますので、簡単な申し込みで農地の貸し借りができます。

◎詳細は、「利用権設定等促進事業」を参照。

 

2.農用地利用改善事業の実施を促進する事業

 農用地利用改善事業は、集落機能の活用等を通じて関係農業者等の合意のもとに作付地の集団化、農作業の効率化、農地等の利用関係の改善等を促進する事業です。

 

3.委託を受けて行う農作業の実施を促進する事業

 農地の権利移動に至らない段階のものについてもできる限り、経営、作業規模を拡大しようとする者等が、農作業の受委託等を通じて、地域の農業の生産性の向上と農業経営の実質的な規模拡大を図ることをねらいとした事業です。

 

4.農地保有合理化事業の実施を促進する事業

 農地保有合理化事業は、都道府県段階に設置する農地保有合理化法人(都道府県農業公社)が離農農家や規模縮小農家等から農地を買入れ又は借入れ、規模拡大による経営の安定を図ろうとする農業者に対して、農地を効率的に利用できるように調整した上で、農地の売渡し又は貸付けを行う事業です。

 

5.農地利用集積円滑化事業の実施を促進する事業

 農地利用集積円滑化事業は、農地等の効率的な利用に向け、その集積を促進するため、市町村段階に設置する農地利用集積円滑化団体(市町村、農協、市町村公社、地域協議会等)が農地等の所有者から農地等の貸し付け等の委任を受け、貸付け等する事業です。

 ◎詳細は、「農地利用集積円滑化事業」を参照。

このページに関する
お問い合わせ先

郡上市役所農林水産部農務水産課

0575-67-1835

〒501-4297 岐阜県郡上市八幡町島谷228番地
FAX:0575-66-0157
E-Mail:noumu@city.gujo.gifu.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

Qこのページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は役に立ちましたか

Qこのページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報は見つけやすかったですか

回答が必要な場合は、上記担当部署へ直接お問い合わせをお願いいたします。
問い合わせ先が不明な場合は、「ご意見・お問い合わせ」をご利用ください。
また、こちらの欄には個人情報を含む内容は記載しないでください。

よく検索されているワード