本文は、ここからです。

農地利用集積円滑化事業について

  農地利用集積円滑化事業とは、農地等の効率的な利用に向け、その集積を促進するため、平成21年12月に施行された改正農地法により創設(農業経営基盤強化促進法に措置)された次の3事業のことです。

①農地所有者代理事業
  農地等の所有者から委任を受けて、その者を代理し、農地等について売渡しや貸付け等を行う事業

②農地売買等事業
  農地等の所有者から農地等の買入れや借入れを行い、その農地等の売渡しや貸付けを行う事業

③研修等事業
  農地売買等事業により一時的に保有する農地等を活用して、新規就農希望者に対して農業の技術、経営の方法等に関する実地研修を行う事業

  農地利用集積円滑化事業を行う主体(実施主体)を農地利用集積円滑化団体といいます。郡上市では、「めぐみの農業協同組合」が実施主体となっています。

 

◎農地利用集積円滑化事業の詳細については、
 

 農林水産省のホームページ   

 「http://www.maff.go.jp/j/keiei/koukai/ryuudouka/enkatuka/enkatuka.html」(新しいウィンドウが開きます)をご覧ください。

このページに関する
お問い合わせ先

郡上市役所農林水産部農務水産課

0575-67-1835

〒501-4297 岐阜県郡上市八幡町島谷228番地
FAX:0575-66-0157
E-Mail:noumu@city.gujo.gifu.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

Qこのページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は役に立ちましたか

Qこのページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報は見つけやすかったですか

回答が必要な場合は、上記担当部署へ直接お問い合わせをお願いいたします。
問い合わせ先が不明な場合は、「ご意見・お問い合わせ」をご利用ください。
また、こちらの欄には個人情報を含む内容は記載しないでください。

よく検索されているワード