本文は、ここからです。

飲食店の消火器設置基準が変わりました

小規模な飲食店に消火器具の設置が必要となります!

 2016年12月に発生した新潟県糸魚川市の大規模火災をきっかけに消防法令が改正され、2019年10月1日から、原則、火を使用するすべての飲食店について、消火器具の設置、維持管理が義務付けられることとなりました。


●消火器具を設置しなければならない建物

火を使用する設備又は器具を有する飲食店(消防法上の用途が一般住宅となる建物は除かれます)

・火を使用する設備又は器具とはコンロ.jpg

→調理を目的とした「コンロ」「グリル」などが対象となります。

※火を使用する設備又は器具に、次のような防火上有効な措置が講じられている場合は、消火器具の設置は免除できます。

・「調理油加熱防止装置」「自動消火装置」又はその他危険な状態の発生の防止及び発生時における被害を軽減する安全機能を有する装置。

●消火器具の点検及び報告

 消火器具の設置が必要な飲食店等は、消火器具の点検を6か月ごとに実施し、1年に1回消防署長に報告する必要があります。


飲食店関係者の皆様へ

 火災予防のため、店舗への消火器設置をよろしくお願いします。

 また、2018年11月から、対象の飲食店への説明や調査に消防署員が順次伺っておりますので、ご理解とご協力をお願いします。

 詳細は、最寄りの消防署所へお問い合わせください。飲食店改正ポスター.jpg

【お問い合わせ先】

中消防署 ☎0575-67-1236

北消防署 ☎0575-82-5119

南出張所 ☎0575-79-3999


【参考資料(リーフレット等)】

・法改正リーフレット

・厨房火災予防チェックリスト

このページに関する
お問い合わせ先

郡上市消防本部予防課

0575-67-1219

〒501-4221 岐阜県郡上市八幡町小野4-4-1
FAX:0575-67-1215
E-Mail:yobouka@city.gujo.gifu.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

Qこのページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は役に立ちましたか

Qこのページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報は見つけやすかったですか

回答が必要な場合は、上記担当部署へ直接お問い合わせをお願いいたします。
問い合わせ先が不明な場合は、「ご意見・お問い合わせ」をご利用ください。
また、こちらの欄には個人情報を含む内容は記載しないでください。

よく検索されているワード