本文は、ここからです。

古墳時代

郡上地域の古墳分布
 郡上地域の古墳分布は、長良川沿いの主要な支流の各合流点に群をなして存在しています。これらは、古代の交通や軍事の要所として、それにかかわる役目をもった人が配置されていたことを物語るものと考えられています。これら古墳群の内で最も古いものは6世紀中期頃のもので6基確認されています。

白山への美濃・越前・加賀禅定道






 白山連峰(2,702m)は石川・福井・岐阜県境にまたがり、その各山麓には養老元年(717)に泰澄大師によって創建されたという伝承を持つ三馬場(信仰拠所)があります。岐阜県側の美濃馬場(白鳥町)には石徹白中居神社・長瀧寺があります。長瀧寺は天長5年(828)には天台宗に改め、中世には天台別院の大寺となり広大な荘園を持ち、白山信仰の拠点として大いに栄えました。

 その最盛は「奥美濃の正倉院」と称される多くの文化財や花奪いや延年に象徴される六日祭りによってうかがわれます。

 

このページに関する
お問い合わせ先

郡上市役所教育委員会事務局社会教育課

0575-67-1128

〒501-4222 岐阜県郡上市八幡町島谷207番地1
FAX:0575-65-2584
E-Mail:syakai-kyouiku@city.gujo.gifu.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

Qこのページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は役に立ちましたか

Qこのページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報は見つけやすかったですか

回答が必要な場合は、上記担当部署へ直接お問い合わせをお願いいたします。
問い合わせ先が不明な場合は、「ご意見・お問い合わせ」をご利用ください。
また、こちらの欄には個人情報を含む内容は記載しないでください。

よく検索されているワード