本文は、ここからです。

2011(第18回)さくら道国際ネイチャーランを終えて

 名古屋城から国道156号を北上し、金沢・兼六園に至る250kmを走る「さくら道国際ネイチャーラン」(同実行委員会主催)が今年も4月15日から18日にかけて行われ、多くの人に支えられながら無事終えることができました。
 3月11日に東日本大震災が発生し、「このような時期にイベントはすべきでない」という意見も聞きました。また、このイベントの強力なサポーターである自衛隊第10師団第38普通科連隊が、被災地での救援活動のため今年はお願いできないことになり、「中止」という言葉も頭をよぎりました。しかし、250kmという超長距離でかつ約900mの高低差があるコースを1歩1歩確実に歩みを進めるランナーの姿は、きっと被災地のみなさんへの応援メッセージになるという確信と、自衛隊のみなさんの助力がない困難な状況の中でこそ、「がんばって力をあわせてやりぬこう」という実行委員会のみなさんの決意で、実施を決定しました。
 私も、42カ所すべてのエイドポイントを廻ることはできませんでしたが、ランナーを車で追いかけて北上しながら、各エイドポイントに立ち寄りました。どのエイドでも団体や企業などのみなさんが、アットホームな雰囲気でランナーをサポートされ、今回は災害募金箱も設置されました。ランナーの中には、エイド毎に千円札や二千円札で寄金をされ、「体力よりも財布が大丈夫かな」などと余計な心配もいたしました。「がんばれ東北」、「がんばれ日本」等ゼッケンやシャツに被災地へのメッセージを書き込んで参加してくれたランナーもたくさんありました。
 こうして、4月17日午前7時57分、兼六園でトップランナーを出迎えました。名古屋城を出発して25時間42分、走り続けられたことになります。この後も、各ランナーが36時間以内をめざして、ゴールに到達されました。104人の出走者中、89人が完走されました。特にうれしかったことは、今回は大会史上初めて、地元郡上市出身のランナーが3人も完走してくれたことでした。今回もいろいろなドラマがありましたが、極限に挑んで苦しむランナーをエイドの人たちが支える。その姿は震災支援の姿ともダブって感動いたしました。
 この大会を支えていただいた多くの機関、団体、個人のみなさん、沿道で声援を送っていただいたみなさん、そして参加いただいたランナーのみなさんに感謝します。募金でみなさまから寄せられた約62万円の浄財は、新聞社を通じて被災地に届けていただきました。ありがとうございました。

(平成23年5月2日記)

郡上市長 市長:日置敏明

このページに関する
お問い合わせ先

郡上市役所市長公室秘書広報課

0575-67-1147

〒501-4297 岐阜県郡上市八幡町島谷228番地
FAX:0575-67-1711
E-Mail:kouhou@city.gujo.gifu.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

Qこのページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は役に立ちましたか

Qこのページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報は見つけやすかったですか

回答が必要な場合は、上記担当部署へ直接お問い合わせをお願いいたします。
問い合わせ先が不明な場合は、「ご意見・お問い合わせ」をご利用ください。
また、こちらの欄には個人情報を含む内容は記載しないでください。

よく検索されているワード