本文は、ここからです。

高鷲エリアの紹介

 高鷲地域は「白山国立公園ひるがの高原」を有する分水嶺のある高原地帯です。夏は避暑地として、冬はスキーやスノーボード等、ウィンタースポーツのメッカとなります。

高鷲エリア

はじめに

 高鷲地域は、清流として名高い長良川の源流に位置し、東には鷲ヶ岳、西には大日ヶ岳がそびえる、静かな山あいの里です。かつては、冬期間はしばしば雪に閉ざされるような山村でした。 先人の努力や開拓の歴史を経て、今では"三白産業"(「大根」の白、「牛乳」の白、「雪」の白)を中心に農業を基盤とした観光産業が盛んです。

歴史

 5-6千年前から人が住み始めたといわれる高鷲町。平安時代の斉衡2年(855年)、武儀郡を分かって郡上郡が建郡されたころ、鷲見郷八ヶ村、すなわち鮎走、正ヶ洞、向鷲見、中切、穴洞、鷲見、西洞、切立の各村となっていました。この八ヶ村を鷲見(すみ)と慣用することは、明治の中ごろまで続きました。
 明治8年(1875年)1月、第1回町村合併が行われ、これら八ヶ村は鮎立村(鮎走、切立が合併)、大鷲村(正ヶ洞、中切、穴洞、向鷲見が合併)鷲見村(鷲見、西洞が合併)の三ヶ村となりましたが、ほどなくして鷲見村が元の二ヶ村に分割され、四ヶ村となりました。
 明治17年(1884年)これらの村を連合して組合役場を設立しました。
 明治29年(1896)4月、郡廃置及び郡界変更に関する法律が公布され、翌30年(1897年)4月からこれらの村を一ヶ村として発足することとなり、新村名を高鷲村と命名されました。 その後107年がたち、平成16年(2004年)3月1日に郡上郡七ヶ町村が合併し郡上市となりました。

みどころ

スキー

 雪量と雪質に恵まれ、最新設備も充実した6つのスキー場。東海北陸自動車道の開通によるアクセスのよさも手伝って、西日本最大級のスキーエリアとして、スキーヤー、スノーボーダーの絶大な支持を得ています。

分水嶺公園

 この公園の池からの流れは一方は庄川から日本海へ、もう一方は長良川をへて太平洋へと分かれていく。同じところにあった水が左右に分かれて旅立っていく、そんなドラマチックな風景に遭遇できます。 春になると、ひるがの湿原植物園をはじめ周辺の湿地地帯には、ミズバショウやわたすげなど湿原植物が咲き乱れ、人々の憩いの場となっています。

分水嶺公園

湿原植物

 ひるがの高原には、約1万年前の氷河期から現在まで生き残った北方寒地系の30種類ほどの湿原植物が見られます。なかでも、純白の姿が美しいミズバショウの群生地は、ほぼ日本最南限といわれ、このほかにもカキツバタ、コバイケイソウ、ワタスゲなどが初夏を彩り、真夏にはキンコウカ、コバギボウシ、コオニユリ、秋にはエゾリンドウ、サワギキョウなどが咲き競います。

湿原植物

湯の平温泉

 温泉を待ち望む声にこたえて平成2年掘削に成功し、同5年にオープンした湯の平温泉は大浴場や露天風呂を備えており、吹き抜けの開放感など各所に気配りがされ、住民はもちろんスキーヤーや登山者、ハイカー、観光客にもたいへん好評です。泉質はナトリウム炭酸水素塩泉で、神経痛、筋肉痛、五十肩などに効能があります。 その後もこの地域には、天然鷲ケ岳温泉、ふたこえ温泉(コージュ高鷲)、牧歌の里温泉「牧華」と次々誕生。夏にはしたたる緑を、冬には雪景色を眺めながら、ゆったりと利用できる温泉施設は、住民の憩いの場であると同時に、オールシーズンの観光スポットとして人気を呼んでいます。

「高鷲ふれあい農園」

 郡上市高鷲町上野高原 牧歌の里すぐ横に「高鷲ふれあい農園」が平成16年7月にオープンしました。雄大な白山連峰が眺望できる四季折々の風景を楽しみながらご家族やご夫婦で農作業に汗を流してみませんか。貸し農園・オーナー農園・体験農園などをご用意しております。 農園利用者(契約者)の方には準高鷲住民としてパスポート(牧歌の里入園料・牧歌温泉入浴料の割引等)を発行します。 皆様の申し込みをお待ちしております。詳しい内容や資料請求は、高鷲振興事務所振興課(電話番号0575-72-5111)までお問い合わせ下さい。

高鷲ふれあい農園

イベント

たかす雪まつり(2月下旬)

 メイン会場の牧歌の里を中心に、雪像コンテストや雪上ゲームなど様々なイベントと各種バザーが2日間行われます。特にナイトイベントとして、雪像のライトアップや音と光と花火が凍てついた高原の夜を彩る感動のレーザーショーもご覧いただけます。また、大きなかまくらの中では、アトラクションも行われます。

たかす雪まつり

たかす「ふれあい農園」収穫祭(8月末)

 標高1000mの高原にある「たかすふれあい農園」では、8月末に収穫祭を行っています。とうもろこしの収穫体験をはじめ、青空市場などで高原の1日を楽しんで下さい。

特産品

 高鷲の産物の特徴は、高原の恵みを生かしたナチュラルなおいしさ。食生活の洋風化や健康志向など、消費者のニーズに合わせて新商品の開発も進めており、ひるがの界隈の土産物店やリゾート施設に加え、東海北陸自動車道ひるがの高原サービスエリアや道の駅大日岳等にも販路を拡大。高鷲を訪れる観光客に好評です。

ひるがの高原大根

 上野、明野高原で栽培される大根は、自然条件に恵まれて味も姿も天下一品。東海地方はもとより、関西方面でも高い評価を受けており、消費者の間で定着しています。

ひるがの高原大根

ひるがの高原牛乳

 スキー、大根と並んで高鷲の三白産業を支えている牛乳。ひるがの高原から上野高原にかけての広々とした大地で育った乳牛からしぼった牛乳のおいしさは格別です。またチーズやアイスクリームなど様々な乳製品に加工され、用途も広がっています。

ひるがの高原牛乳

春まちにんじん

 長良川源流域の標高900mのひるがの高原の雪の中で育ったにんじんです。豪雪地帯の厳しい冬の雪の中で春を待ち続けて収穫されます。
寒い冬を乗り切るために糖度や栄養、香りも増しています。甘く香り高く、まるでフルーツのようなにんじんで、春まちにんじん100%でつくるジュースは自然な恵みをそのまま味わえます。

春まちにんじん

 

春まちにんじんジュース

この記事に関連のある記事やサイト

このページに関する
お問い合わせ先

郡上市役所高鷲振興事務所振興課

0575-72-5111

〒501-5393 岐阜県郡上市高鷲町大鷲2349番地1
FAX:0575-72-5116
E-Mail:ta.shinkou@city.gujo.gifu.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

Qこのページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は役に立ちましたか

Qこのページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報は見つけやすかったですか

回答が必要な場合は、上記担当部署へ直接お問い合わせをお願いいたします。
問い合わせ先が不明な場合は、「ご意見・お問い合わせ」をご利用ください。
また、こちらの欄には個人情報を含む内容は記載しないでください。

よく検索されているワード