本文は、ここからです。

美並エリアの紹介

 美並地域は、奥長良川県立自然公園の一部を形成する長良川を有し、夏には鮎の友釣りで太公望が集い、ラフティングやカヌーで自然体験が満喫できます。うなぎを神様の使いと崇める粥川の森では森林浴が楽しめます。

美並エリア

はじめに

 美並地域は奥長良川県立自然公園の一部を形成する長良川を有し、夏には鮎の友釣りを楽しむ人々で賑わいます。秋にはヤナ場で落ち鮎を味わうことができます。
粥川の森では百年杉の森や遊歩道が整備され自然とのふれあいを満喫することができます。

歴史

 美並地域が歴史上姿を現すのは斉衡2年(855年)です。古代中世にわたって星の宮神社を中心にして山岳信仰が広がり、村の各地に白山神社がまつられることになりました。
 一方、長良川を利用した、いかだ流しが古くから高原地区を中心に行なわれ、郡上の木材を集め、美濃地方への搬送は、昭和の初め頃でも、1700乗あったと言われています。陸路では、馬による人や荷物の輸送にあたる馬子制度が充実していました。
 明治2年6月廃藩置県により、郡上藩は郡上県と笠松県となり、同4年11月に岐阜県となって、郡上県もその管轄となりました。
 美並村においては、明治8年1月に合併して7箇村となり、更に明治22年3箇村が合併して嵩田村となり、他の4箇村は組合役場を白山村に置き、のちに合併して下川村となりました。
 昭和29年11月1日、下川村と嵩田村が合併して、郡上の"みなみ"にあって、美しく並ぶ村とし「美並村」が誕生しました。

みどころ

円空のふるさと

 円空は、美濃国郡上郡の南部に連なる瓢ヶ岳山麓(美並町)で生まれたと推定され、少年時代より伊吹山や白山などの全国各地の霊山をめぐって修行を行っていましたが、庶民救済のためには得度が必要と考え、寛文3年(1663)美並町の粥川寺において得度したものと考えられます。
得度後、この粥川寺を本寺として全国各地へ遊行に出かけ、また帰って来るという生涯をおくり各地に円空仏と称される多くの仏像を残しています。「円空のふるさと」美並町には158体もの円空仏が残っています。

円空のふるさと

日本まん真ん中センター・円空研究センター

 建物全体が世界最大級の巨大な日時計である日本まん真ん中センターの中にある円空研究センターは、円空に関する情報を全国に発信する施設です。円空が全国を歩いた足跡をたどる展示や代表的な円空仏のパネル展示など来館された方を円空の心を発見する旅にご案内します。
また薬草体験室(ハーバルカフェ)では、ハーブティー・野草茶・ぼけない茶・青じそ緑茶などの薬草茶が体験できます。ぜひ、体によいといわれる薬草茶を体験してみませんか。

日本まん真ん中センター 円空研究センター

美並町自慢の温泉

 日本まん真ん中温泉子宝の湯-みなみ子宝温泉駅から歩いて3歩!!
なんと、長良川鉄道のみなみ子宝温泉駅から徒歩3歩で温泉の入り口へ入れるというとても便利な施設です。もちろん駐車場を完備していますので自動車でもご来館できます。檜風呂・釜風呂・露天風呂やサウナがあり疲れた体を癒します。温泉で暖まったら、ゆったりスペースの休憩・飲食コーナーで安らいでみませんか。

みなみ子宝温泉(外観) みなみ子宝温泉(露天風呂)

美並ふるさと館(円空ふるさと館・生活資料館)

 円空ふるさと館では90体あまりの円空仏の展示や円空の生涯をパネルなどで紹介。生活資料館では、昔の民家や山仕事の様子など再現した手作りの展示物があり、昔の生活を知ることができます。

美並町の名所

  1. 釜ヶ滝(標高270m、落差15m、幅3m)
    大洞谷の上流にある3つの滝の総称です。名前の由来は第二の滝の岩盤が釜に似ているからだといわれています。
    釜ヶ滝
  2. 矢納ヶ渕
    藤原高光が妖鬼退治に使用した矢を納めたことからこの名がついたといわれ、渕には矢納めの滝が一気にそそがれてどこか神秘的な雰囲気が漂う渕です。
  3. 神の御杖杉
    樹高42m、幹の周りは9.5mもある樹齢1,000年以上の杉です。紀州の尼僧、「俊応」が土に挿した杖がこの大木に成長したという言い伝えがあります。
    神の御杖杉

美並町の宿泊施設

  1. ふくべの里 粥川バンガロー村
    粥川の森の大自然に抱かれアウトドアライフを満喫することができます。15棟のバンガローのほか、食器などのレンタルもできます。
    ふくべの里 粥川バンガロー村
  2. フォレストパーク373
    ミニキッチン、浴室などを備えた快適なコテージ9棟のある自然体験宿泊施設。敷地内にはアマゴ、ニジマスなどが釣れる釣り池や、パターゴルフ場などがある他、フラワーガーデンがあり、家族やグループで1日中たっぷり遊べます。

イベント

円空のふるさと美並夏祭り(8月)

 毎年8月末に日本まん真ん中センターを舞台に行われ、趣向を凝らしたたくさんのステージイベントやバザーで夏の最後を盛大に盛り上げます。ラストを飾る手筒花火は必見。

手筒花火

特産品

  • 円空酒
    円空酒の画像
  • 美並のお茶
    美並のお茶の画像

この記事に関連のある記事やサイト

このページに関する
お問い合わせ先

郡上市役所美並振興事務所振興課

0575-79-3111

〒501-4192 岐阜県郡上市美並町白山725番地3
FAX:0575-79-2986
E-Mail:mi.shinkou@city.gujo.gifu.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

Qこのページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は役に立ちましたか

Qこのページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報は見つけやすかったですか

回答が必要な場合は、上記担当部署へ直接お問い合わせをお願いいたします。
問い合わせ先が不明な場合は、「ご意見・お問い合わせ」をご利用ください。
また、こちらの欄には個人情報を含む内容は記載しないでください。

よく検索されているワード