本文は、ここからです。

明宝エリアの紹介

 明宝は、山と川に囲まれた地域です。春は桜や花桃、夏は渓流釣り、秋は紅葉、冬はスキーなど四季を通じて楽しめます。

明宝エリア

歴史

 明治22年7月、町村制が実施され現在庁舎がある二間手地区を役場の所在地とし、名称を「二間手村外六ヶ村組合役場」としたのが明宝村の歩みの始まりです。
 その後明治30年、組合組織を廃止し村名を「奥明方村」に、昭和45年4月には「明方村」、そして平成4年4月1日より現在の「明宝村」へと115年という歴史の中で幾度もの村名変更を経てきました。
特に昭和から平成へと時代が移りゆく中、近年の明宝村は過疎からの脱却を目指し、通年型観光立村と若者たちの定住の実現に向け、前村長(故高田三郎氏)の手腕により観光開発や産業振興などによる地域活性化施策が行われ、当時5つの第3セクター企業が設立され、観光面や安定した雇用確保に大きな効果をもたらしました。
 その事によりかつては2万人ほどしかなかった観光客が、毎年県内外より100万人以上四季を通じ明宝を訪れ、活気あふれる村に成長しました。
 また歴史をさかのぼること戦国時代、かの「宇治川の合戦」において、源頼朝が遣わした武将梶原源太影季に漆黒の馬「磨墨(するすみ)」を与え、時を同じく名を馳せた「池月」とともに見事に先陣争い演じ、後生までその名馬の名が語り継がれました。
 その「磨墨」が明宝の気良地区の産とされており、郡上おどりの「春駒」の一節にもその名が唄われているほどです。現在でも明宝では名馬磨墨の里として、その名の下に産業振興や文化活動面においても顕彰され続けています。
 その一世紀以上もの長い村政の中で、いにしえの伝統文化と将来を見据えた地域活性化との調和を保ちつつ成長してきた明宝村に、平成16年3月いよいよ「郡上市」として新たな歴史の一項を刻むこととなりました。

みどころ

道の駅明宝(磨墨の里公園)

 郷土が生んだ名馬"磨墨"を讃え、平成元年12月に村政施行100周年を記念して開設。1万m2もの広大な敷地内には、観光案内所、道路情報センターのほか、明宝ハムや明宝トマトケチャップなど特産物を販売する物産館や各種テナント店、そして780年もの間今なお燃え続けるいろり火から受け継いだ無料休憩所「磨墨庵」があります。
平成12年3月には、「全国道の駅グランプリ2000」において栄えある優秀賞を受賞。

道の駅・明宝(磨墨の里公園)

明宝温泉 湯星館

 平成2年12月、村おこしの一つとして掘りあてられた温泉は、当時24時間無料で利用できる施設として広く開放してきましたが、平成7年11月に施設の充実を図るため新たに「明宝温泉湯星館」として新規オープン。
泉質は、天然ラドンを含んだアルカリ性単純温泉で、独特のツルツル感と高い温熱効果で女性や敏感肌の子供にもやさしい温泉として多くの支持を得ています。

明宝温泉 湯星館

國田家の芝桜

 養蚕が盛んであった昭和36年頃、当時桑畑であったその片隅に、ひとつかみの芝桜の苗が植え付けられたのが始まりで、今では長年にわたる手入れの甲斐もあって約2,500m2もの敷地には毎年四月中旬頃になると、白や桃色が散りばめられた花のじゅうたんに魅せられます。平成4年「農林水産大臣賞」、平成8年「内閣総理大臣賞」を受賞しました。

国田家の芝桜

明宝歴史民俗資料館

 旧小学校の木造校舎を利用して開設された館内には、4万点以上もの民俗資料が収められ、所狭しと展示されています。しかもそのうち国の重要民俗文化財に指定されている物が3千点を越えているのは驚異です。 さらに展示品の9割以上が地元住民からの無償提供されたもので、当時の生活様式が伺える貴重な資料に触れることができ、同時に懐かしさと珍しさをも体感できる博物館です。

明宝歴史民俗資料館

めいほう高原体験センター「もりっこはうす」

 めいほう高原(めいほうスキー場)に平成15年5月、四季を通じ自然とふれあいながら学び体験をする総合施設ができました。 ここでは、周辺の草花、木々、動物、景観などをできる限り自然な形で利用し、クラフト、木登り、トレッキングなどのネイチャーライフを楽しみ、アウトドアならではの遊びを通じ、自然本来の姿にいそしむことができます。

もりっこはうす

めいほうスキー場

 4つのゲレンデと12のコースは西日本最大級を誇り、しかも山頂からの5,000mの超ロングコースはビギナーからエキスパートまで存分に楽しめます。 標高1,600mの頂上からは360度の大パノラマが広がり、雄大な北アルプスや御岳の絶景は一見の価値ありです。小さいお子様連れにも安心なキッズルームも完備されているので、幅広い層に支持されているのも自慢のひとつです。もちろんスノーボードも終日全面滑走可能です。

めいほうスキー場

イベント

めいほう高原秋まつり

 ならやぶなの木々が黄金色に色を変え、めいほう高原の山々が黄金色に染まる頃、めいほうスキー場において毎年開催される秋まつり。
山の幸をふんだんに使った名物"千人鍋"などの振る舞いで秋の味覚を堪能しながら、ステージショーで大いに盛り上がる、地域色豊かなふるさとまつり。

めいほう高原秋まつり

寒水の掛踊「かのみずのかけおどり」(毎年9月第2日曜とその前日土曜)

 明宝寒水地区において、毎年行われる神事芸能で、総勢130名余りの役者たちが参加する勇壮かつ厳粛な踊りです。 特に寒水白山神社拝殿前で長さ3.6mものシナイを背負い、太鼓や鉦を胸に付けた四人の若者が力強く舞い踊る場面は、この掛踊りの最大の見せ場でもあります。 昭和37年「岐阜県重要無形民俗文化財」、昭和47年「国の選択民俗芸能」に指定を受けています。

寒水の掛踊

特産品

明宝ハム

 昭和28年創業の、昔ながらの製法にこだわった国産豚モモ肉100%の手作りハム。保存料・着色料・酸化防止剤、増量剤は一切使用しておりません。

明宝ハム

明宝トマトケチャップ

 地元産の「桃太郎」トマトをじっくり煮込んで作られた手作り純粋なトマトケチャップです。添加物を一切使用していないためトマトの風味がそのまま伝わってきます。

明宝トマトケチャップ

めいほう鶏ちゃん

 岐阜県飛騨地方から奥美濃地方にかけて古くから伝わる家庭料理で、鶏のモモ肉や内臓を味噌や醤油に漬け込んだもので、キャベツや玉ねぎなどと炒めて食べる素朴な料理。明宝地域には、鶏ちゃんを買ったり食べられるお店やお宿があり、各店にはそれぞれに秘伝の味があります。明宝地域の鶏ちゃんを取り扱うお店・お宿が集まって「めいほう鶏ちゃん研究会」を結成し、B-1グランプリにも出展しています。
詳しくは、めいほう鶏ちゃん研究会ホームページ(新しいウィンドウが開きます)まで。

めいほう鶏ちゃん

この記事に関連のある記事やサイト

このページに関する
お問い合わせ先

郡上市役所明宝振興事務所振興課

0575-87-2211

〒501-4307 岐阜県郡上市明宝二間手606番地1
FAX:0575-87-2386
E-Mail:me.shinkou@city.gujo.gifu.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

Qこのページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は役に立ちましたか

Qこのページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報は見つけやすかったですか

回答が必要な場合は、上記担当部署へ直接お問い合わせをお願いいたします。
問い合わせ先が不明な場合は、「ご意見・お問い合わせ」をご利用ください。
また、こちらの欄には個人情報を含む内容は記載しないでください。

よく検索されているワード