本文は、ここからです。

大和エリアのイベント

新春 歌合わせ会(2月初旬)

 平安時代に生まれた"歌合わせ会"を、現代の大和流ルールで行います。お題に添って出された歌を紅白に分けて、その優劣を判定する文学的なゲームです。
新春歌合わせ会

母袋ひなまつり(4月3日、4日)

 地域の方から持ち寄られた1,700体のひな人形や代々伝わる土雛・土人形が飾られ、子供の健やかな成長を願ってお祝いします。
母袋ひなまつり1 母袋ひなまつり2

明建 春まつり(4月中旬)

 明建神社の桜並木の一部が歩行者天国となり、仕舞「くるす桜」の上演や装束・パネルの展示、謡の発表会、各種バザーの出店などがあります。
明建 春まつり

ゆきばた椿まつり(4月下旬)

 「ヤブツバキ」と「ユキツバキ」の自然交雑による「ユキバタツバキ」の素晴らしさを知ってもらい、自生地を保護するために、自生地の見学会・ツバキやオブジェの展示、コンサートの開催をします。
ゆきばた椿まつり

ぼたんまつり(5月初旬から中旬)

 フィールドミュージアムにある"ぼたん園"では2,000m2に約10種類の品種1,500株のぼたんが鑑賞でき、約2週間にわたってバザーや茶屋が出店されます。
ぼたんまつり

薪能「くるす桜」(8月7日)

 明建神社で上演される薪能(野外公演)。 中世に当地を治めた「東 常縁」を題材にしたオリジナル薪能『くるす桜』が上演されます。薪の炎に照らし出された舞は、観客を幽玄の世界へと誘います。
薪能くるす桜

郡上長良川夢花火(8月14日)

 願い事、夢や思い、大切な人へのメッセージをのせて、千発以上の花火が大和の夜空いっぱいに打ち上げられます。
夢花火

やまとふれあい祭り(10月下旬)

 地域の人たちが集い楽しむ秋の恒例行事。 舞台発表、作品展示、各種体験、景品付きアメ投げ、フリーマーケット、バザー等、楽しい催しが行われます。
ふれあいまつり

歌となる言葉とかたち展(10月初旬から11月中旬)

 歌人や地元の学生が詠んだ短歌をもとに 造形作家が創り上げた作品が、フィールドミュージアム内、また奥長良ウィンドパークに短歌とともに展示されます。
歌となる言葉とかたち1  歌となる言葉とかたち2

古今伝授の里やまと どぶろくまつり(10月下旬)

 『どぶろくまつり』の期間中、大和町が「どぶろく特区」となったのを機に「母袋工房」が造り始めた"郡上のどぶろく奥の奥"と「三河屋」で製造されている、どぶろく大和歌魅をやまとふれあい祭り内において、どぶろくの振る舞いとして味わっていただきます。
どぶろくまつり

人形浄瑠璃(不定期 年一回)

 和歌との縁が深い大和町では、和歌をルーツに育った「文楽」を "文学性の高い伝統芸能に触れる催し"として毎年公演します。
文楽

この記事に関連のある記事やサイト

このページに関する
お問い合わせ先

郡上市役所大和振興事務所振興課

0575-88-2211

〒501-4607 岐阜県郡上市大和町徳永585番地
FAX:0575-88-4351
E-Mail:ya.shinkou@city.gujo.gifu.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

Qこのページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は役に立ちましたか

Qこのページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報は見つけやすかったですか

回答が必要な場合は、上記担当部署へ直接お問い合わせをお願いいたします。
問い合わせ先が不明な場合は、「ご意見・お問い合わせ」をご利用ください。
また、こちらの欄には個人情報を含む内容は記載しないでください。

よく検索されているワード