本文は、ここからです。

「郡上東氏800年・古今伝授550年祭」について

郡上東氏800年・古今伝授550年祭

 2021年は、中世に郡上市大和町を中心とした一帯を収めた領主一族である東氏が、承久3年(1221年)の「承久の乱」の戦功で当地を加領されてから800年目となりました。そして、9代目にあたる東常縁が、宗祇へ古今伝授をしてから550年目の年でもあります。これらのことから、郡上市では、この二つの節目が重なる2021年から、「郡上東氏800年・古今伝授550年祭」として、東氏ゆかりの文化遺産の検証と、これらを生かした地域振興をスタートさせています。
 東氏の歴史や文化遺産を知っていただく講座や講演会の開催や、東氏の文化遺産を生かした実証事業を予定しています。ぜひ皆さんも、この機会に、中世の郡上に触れてみてください。

※ 各種事業については、随時お知らせします(2025年3月まで実施)。

800nensai01.jpg

東氏と郡上市の歴史

 鎌倉時代から室町時代の終わりにかけて、実に340年以上にわたり、郡上郡山田庄(現在の郡上市大和町を中心とした一帯)を治めたのが、東氏という一族です。東氏は、もとは、下総国(現在の千葉県北部他)に拠点をもった有力武士団・千葉氏の一族でしたが、1221年の承久の乱の戦功をきっかけに、この地を与えられ、やってきました。

 東氏は、鎌倉幕府や室町幕府の将軍に仕えた武士であるだけでなく、和歌に優れた才能をもった一族でした。当主の中には、鎌倉幕府将軍と和歌を通じて交流していた人もいます。また、天皇などが編集を命じた「勅撰和歌集」に、一族で71首(もしくは72首)もの和歌がおさめられています。1首でも選ばれると大変な名誉だとされた時代ですから、東氏は優れた和歌を詠む一族だったといって過言ではありません。

 その中でも、郡上東氏9代目東常縁は、和歌の研究者であり、当時の和歌の教科書ともいえる『古今和歌集』の解釈などを、師から弟子に伝える「古今伝授」の祖といわれます。特に、東常縁が連歌師宗祇に古今伝授を行ったことは、文学史に刻まれるできごとです。この東常縁から宗祇へ、伊豆三島にて初度の古今伝授が行われたのは、1471年のことです。

 

※ 講座や講演会については、古今伝授の里フィールドミュージアムホームページ(外部サイト)をご覧ください。

このページに関する
お問い合わせ先

郡上市役所大和振興事務所振興課

0575-88-2211

〒501-4607 岐阜県郡上市大和町徳永585番地
FAX:0575-88-4351
E-Mail:ya.shinkou@city.gujo.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

Qこのページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は役に立ちましたか

Qこのページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報は見つけやすかったですか

回答が必要な場合は、上記担当部署へ直接お問い合わせをお願いいたします。
問い合わせ先が不明な場合は、「ご意見・お問い合わせ」をご利用ください。
また、こちらの欄には個人情報を含む内容は記載しないでください。