本文は、ここからです。

生活保護法改正による後発医薬品の使用原則化について

 生活保護法の改正により、平成30年10月1日から被保護者である患者の方について、医師又は歯科医師が医学的知見に基づいて後発医薬品を使用することができると認められる場合は、原則として、後発医薬品が給付されることとなりました。(生活保護法第34条第3項)
 詳細については、下記をご参照ください。

生活保護を受給されている方へ

 後発医薬品の使用原則化について(pdf・352.6KB)

生活保護法の指定を受けている病院・診療所の方へ

 生活保護における後発医薬品の使用原則化についてご協力のお願い(病院関係)(pdf・382.2KB)

生活保護法の指定を受けている薬局の方へ

 生活保護における後発医薬品の使用原則化についてご協力のお願い(薬局関係)(pdf・422.3KB)

 生活保護受給者への先発医薬品の調剤状況(報告様式)(xlsx・22.1KB)

このページに関する
お問い合わせ先

郡上市役所健康福祉部社会福祉課

0575-67-1811

〒501-4297 岐阜県郡上市八幡町島谷228番地
FAX:0575-67-0604
E-Mail:syakai-fukushi@city.gujo.gifu.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

Qこのページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は役に立ちましたか

Qこのページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報は見つけやすかったですか

回答が必要な場合は、上記担当部署へ直接お問い合わせをお願いいたします。
問い合わせ先が不明な場合は、「ご意見・お問い合わせ」をご利用ください。
また、こちらの欄には個人情報を含む内容は記載しないでください。

よく検索されているワード