本文は、ここからです。

豚コレラのイノシシへの感染状況及び経口ワクチン散布について

○豚コレラとは

 豚コレラウイルスの感染によって起こる豚やイノシシの家畜伝染病で、強い伝染力と高い致死率が特徴です。
 人には感染しません。また、感染した豚肉が流通することはありません。仮に感染した肉を食べても人体には影響はないとされています。

○経緯

H30.9.9  岐阜市内の養豚場にて豚コレラの患畜確認
H30.9.14 イノシシにおいて陽性反応
以降、県内養豚施設、1府3県の養豚施設、県内及び愛知県のイノシシへ感染拡大
H31.3.28 郡上市内で死亡イノシシから陽性反応(和良町土京)
以降、市内で8頭のイノシシから陽性反応(H31.4.25現在)
H31.4.4 郡上市内でもワクチン散布の計画が示される
以降も陽性イノシシが確認され、ワクチン散布区域を拡大

○ワクチン散布について

ワクチンについて

ドイツから輸入
 外側:トウモロコシ粉、ココナツ油からなる基質等
 内部:1.6mlの液状ワクチン

  • 1993年から欧州で使用されています。
  • 環境への影響はありません。
  • 他の動物(うさぎ、ねずみ等)が食べた場合の安全性は確認されています。
  • 他の動物が食べてもウイルスを拡散させることはありません。

 

なぜワクチン散布するのか

 養豚農家への豚コレラウイルス侵入の原因の1つとして、イノシシによる豚コレラウイルスの拡大が考えられます。
 イノシシによるウイルス拡散を防ぎ、養豚農家に豚コレラウイルスが侵入するリスクを低減させるため、経口ワクチンを散布します。

ワクチン散布による効果

 イノシシがワクチンを食べることで、豚コレラウイルスに対する抗体ができます。
 抗体ができると、イノシシが豚コレラウイルスに感染することを防ぐことが可能です。また、イノシシが豚コレラウイルスを環境中に排出することを防ぐことができます。

ワクチン散布地域

 地図上に示されたメッシュのうち、イノシシが生息し、ワクチンの接種が見込まれる区域

ワクチン散布のスケジュール

年3期、計6回ワクチンを散布
現在:1期2回目ワクチン散布箇所の選定(郡上では初めて)
4/25:ワクチン散布箇所付近での餌付け
5/7~5/12:ワクチン散布
5/13~5/17:ワクチン回収
5/18~:調査捕獲 

その他

  • 死亡したイノシシを発見した場合は、絶対に触れたりしないようにし、市役所農林水産部林務課までご連絡ください。
  • 人による豚コレラウイルスの拡散を防ぐため、不要な山林への立ち入りは控えていただきますようご協力をお願いします。

この記事に関連のある資料

このページに関する
お問い合わせ先

郡上市役所農林水産部林務課

0575-67-2121

〒501-4297 岐阜県郡上市八幡町島谷228番地
FAX:0575-66-0157
E-Mail:rinmu@city.gujo.gifu.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

Qこのページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は役に立ちましたか

Qこのページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報は見つけやすかったですか

回答が必要な場合は、上記担当部署へ直接お問い合わせをお願いいたします。
問い合わせ先が不明な場合は、「ご意見・お問い合わせ」をご利用ください。
また、こちらの欄には個人情報を含む内容は記載しないでください。

よく検索されているワード