本文は、ここからです。

生活保護制度の後発医薬品(ジェネリック医薬品)使用促進について

 後発医薬品(ジェネリック医薬品)は、先発医薬品と治療学的に同等であるものとして製造販売が承認され、一般的に、研究開発に要する費用が低く抑えられることから、先発医薬品に比べて薬価が安くなっています。後発医薬品を普及させることは、生活保護財政の改善に資するものです。


 生活保護を受けている方については、原則として後発医薬品を使用していただくこととなりました。このため、本市では、「後発医薬品使用促進計画」(1年計画)を策定し、取組を進めています。国では、後発医薬品の使用割合を毎年度80%以上とする目標を掲げていることから、本市においても目標の実現に向け、「令和4年度後発医薬品使用促進計画」を策定し、後発医薬品の使用促進のための施策に積極的に取り組んでいきます。

(郡上市)令和4年度後発医薬品使用促進計画.pdf

このページに関する
お問い合わせ先

郡上市役所健康福祉部社会福祉課

0575-67-1811

〒501-4297 岐阜県郡上市八幡町島谷228番地
FAX:0575-67-0604
E-Mail:syakai-fukushi@city.gujo.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

Qこのページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は役に立ちましたか

Qこのページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報は見つけやすかったですか

回答が必要な場合は、上記担当部署へ直接お問い合わせをお願いいたします。
問い合わせ先が不明な場合は、「ご意見・お問い合わせ」をご利用ください。
また、こちらの欄には個人情報を含む内容は記載しないでください。