本文は、ここからです。

個人住民税の「給与所得者の扶養親族申告書」について

 平成22年度地方税法の改正により、平成23年分所得税・平成24年度個人住民税(市・県民税)から年齢16歳未満の扶養親族についての扶養控除が廃止となりました。

 このため、年末調整の際に提出いただいている所得税の「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」が変更となり、(B 控除対象扶養親族)欄には16歳以上の扶養親族を記載することとなりました。
 ただし、個人住民税の非課税限度額等の判定には、年齢16歳未満の扶養親族の情報が必要となるため、申告書の下段に追加された ○住民税に関する事項 「16歳未満の扶養親族」欄に16歳未満の扶養親族について、必ず記載をお願いします。

 また、「公的年金の受給者の扶養親族等申告書」も同様に変更されますので、○住民税に関する事項欄について必ず記載をお願いします。

 様式・記載例など、詳しくは総務省のホームページ(下記リンク参照)をご覧ください。

この記事に関連のある記事やサイト

このページに関する
お問い合わせ先

郡上市役所総務部税務課

0575-67-1837

〒501-4297 岐阜県郡上市八幡町島谷228番地
FAX:0575-67-0604
E-Mail:zeimu@city.gujo.gifu.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

Qこのページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は役に立ちましたか

Qこのページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報は見つけやすかったですか

回答が必要な場合は、上記担当部署へ直接お問い合わせをお願いいたします。
問い合わせ先が不明な場合は、「ご意見・お問い合わせ」をご利用ください。
また、こちらの欄には個人情報を含む内容は記載しないでください。

よく検索されているワード