本文は、ここからです。

国民健康保険制度とは

国民健康保険制度とは

 国民健康保険(以下、国保)とは、公的な医療保険の一つであり、加入者の皆さんが保険税を出し合い、病気・けが・出産・死亡などに対して必要な保険給付を行い、生活の安定を図る制度です。県と皆さんの住んでいる市町村が保険者となり、共に運営しています。
 国民健康保険に加入している方が医療機関で受診する際、医療費の一部負担金を支払うことで治療を受けられます。なお、国保の資格は一人一人の方が持ちますが、世帯単位での管理となります。

自己負担割合について

 病院などの窓口で保険証などを提示すれば、年齢等に応じた負担割合(下記参照)分を支払うだけで、医療を受けることができます。

 

 また、令和4年10月1日から、一定以上の収入がある75歳以上(後期高齢者)の方の自己負担割合は、1割から2割に引き上げられます。ただし、施行後3年間は、改正による負担増を1か月当たり最大3千円に抑える激変緩和措置がとられます。

 

区分

義務教育

就学前

義務教育就学後

~70歳未満

70歳以上

~75歳未満

75歳以上

(後期高齢者)

現状 改正(R4.10.1)後

負担

割合

2割 3割 2割 1割 1割(※1)
2割(※2)

現役並み所得者(※3)

3割

※1 年金収入とその他の合計所得が200万円未満(世帯内に後期高齢者が2人以上の場合は320万円未満)の方。

※2 年金収入とその他の合計所得が200万円以上383万円未満(世帯内に後期高齢者が2人以上の場合は320万円以上520万円未満)の方。

※3 現役並み所得者とは、市町村民税課税所得が145万円以上の70歳以上75歳未満の国保被保険者(1)及び、(1)の被保険者と同一世帯に属する70歳以上75歳未満の国保被保険者(2)の方です。

 ただし、(1)、(2)に該当する被保険者の収入額が、同一世帯二人以上で520万円未満又は一人で383万円未満かつ旧国保被保険者(国保から後期高齢者医療へ移行した方)を含めた収入合計が520万円未満の場合は、申請により「一般」の区分と同様となります。

70歳以上~75歳未満の方の医療について

 70歳になると、医療機関にかかる際の自己負担割合が変わります。70歳の誕生日の翌月(1日生まれの方は当月)から負担割合が変わり、高齢受給者証(※)が交付されます。この高齢受給者証は75歳の誕生日前日まで必要となりますので、医療機関を受診される際は、必ず保険証と合わせてお持ちください。
 なお、75歳になると国保を抜けて、後期高齢者医療制度へと切り替わります。

 

(※)高齢受給者証は国民健康保険被保険者証と一体化され1枚になりました。

このページに関する
お問い合わせ先

郡上市役所健康福祉部保険年金課

0575-67-1822

〒501-4297 岐阜県郡上市八幡町島谷228番地
FAX:0575-67-0604
E-Mail:hoken-nenkin@city.gujo.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

Qこのページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は役に立ちましたか

Qこのページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報は見つけやすかったですか

回答が必要な場合は、上記担当部署へ直接お問い合わせをお願いいたします。
問い合わせ先が不明な場合は、「ご意見・お問い合わせ」をご利用ください。
また、こちらの欄には個人情報を含む内容は記載しないでください。