本文は、ここからです。

入院時の食事代について

入院したときの食事代は、下記のように決まっています。区分に応じた標準負担額の適用には限度額適用・標準負担額適用認定証が必要となりますのでご注意ください。なお、標準負担額の適用は認定証の発効日以降となり、さかのぼっての適用はできません。

一般病床に入院したときの食事代

一般病床へ入院した時の食事代は、区分に応じて、一食あたり下表の標準負担額を自己負担します。

所得区分 食事代(一食あたり)
一般(下記以外の人) 460円※
住民税非課税世帯、低所得者Ⅱ 過去12か月で90日までの入院 210円
過去12か月で91日以上の入院 160円
低所得者Ⅰ 100円

※一部260円の場合があります。

〇住民税非課税世帯、低所得者Ⅰ・Ⅱの区分を適用するには、「限度額適用・標準負担額減額認定証」が必要となりますので、申請ください。

療養病床に入院したときの食事代・居住費

65歳以上の人が療養病床に入院した時は、区分に応じて、一食あたり下表の標準負担額を自己負担します。なお、入院医療の必要性が高い方(人工呼吸器・静脈栄養が必要な方、難病の方)や医療機関の施設基準等によって金額が変わる場合があります。

所得区分 食事代(一食あたり) 居住費(一日あたり)
一般(下記以外の人) 460円 370円
住民税非課税世帯、低所得者Ⅱ 210円
低所得者Ⅰ 130円

〇住民税非課税世帯、低所得者Ⅰ・Ⅱの区分を適用するには、「限度額適用・標準負担額減額認定証」が必要となりますので、申請ください。

認定証を提示せずに受診したとき

「限度額適用・標準負担額減額認定証」か「標準負担額減額認定証」の認定を受けていたが、認定証を提示しなかった場合、一般の区分での食事代を負担いただくこととなります。認定証の発効日以降での受診であれば、食事代の差額を申請により支給されますので、下記のものをお持ちいただき、申請をお願いいたします。

  • 該当診療分の領収書
  • 本人確認のできるもの(運転免許証等)
  • 通帳
  • 印鑑
  • 世帯主および本人の個人番号の分かるもの

この記事に関連のある資料

このページに関する
お問い合わせ先

郡上市役所健康福祉部保険年金課

0575-67-1822

〒501-4297 岐阜県郡上市八幡町島谷228番地
FAX:0575-67-0604
E-Mail:hoken-nenkin@city.gujo.gifu.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

Qこのページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は役に立ちましたか

Qこのページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報は見つけやすかったですか

回答が必要な場合は、上記担当部署へ直接お問い合わせをお願いいたします。
問い合わせ先が不明な場合は、「ご意見・お問い合わせ」をご利用ください。
また、こちらの欄には個人情報を含む内容は記載しないでください。

よく検索されているワード