本文は、ここからです。

その他の給付について

次のような場合には、国民健康保険(以下、国保)から給付が受けられます。

出産育児一時金の支給

 被保険者が出産したときに支給されます。妊娠12週(85日)以降であれば死産・流産でも支給されます。原則として、国保から医療機関などに直接支払われます(直接支払制度)。

 出産費用が出産育児一時金の額を下回る場合には、その差額が支給されます(申請が必要です)。

 

・産科医療補償制度に加入している医療機関で出産した場合:42万円

・産科医療補償制度に未加入の医療機関や自宅・海外などで出産した場合:40万4千円

(注)なお、他の健康保険に1年以上被保険者本人として加入し、資格を喪失してから6カ月以内の出産で、その健康保険から出産育児一時金が支給される場合は、国保からは支給されませんのでご注意ください。

葬祭費の支給

 国保の被保険者がなくなった時、申請により葬祭を行った人(喪主)に対して、5万円が支給されます。

移送費の支給

 医師の指示により、緊急やむを得ず重病人の入院や転院などの移送に費用がかかった時、申請して国保が必要と認めた場合に支給されます。

この記事に関連のある資料

このページに関する
お問い合わせ先

郡上市役所健康福祉部保険年金課

0575-67-1822

〒501-4297 岐阜県郡上市八幡町島谷228番地
FAX:0575-67-0604
E-Mail:hoken-nenkin@city.gujo.gifu.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

Qこのページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は役に立ちましたか

Qこのページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報は見つけやすかったですか

回答が必要な場合は、上記担当部署へ直接お問い合わせをお願いいたします。
問い合わせ先が不明な場合は、「ご意見・お問い合わせ」をご利用ください。
また、こちらの欄には個人情報を含む内容は記載しないでください。

よく検索されているワード