本文は、ここからです。

郡上市林業技術者育成・確保事業について

 郡上市では、適正で安全な森林整備を実施するための専門的な知識や技術を修得しようとする個人、それら研修会等を実施する事業主の皆さんに経費の一部を助成します。
 また、野生鳥獣による森林被害の防止に向け、第一種銃猟免許取得に必要な経費及び猟銃等の購入並びに所持許可に係る経費についても助成します。


※補助金は千円未満切捨てです。

1.林業技術者育成事業

■森林施業に必要な資格取得、研修会、講習会等の受講に係る経費(受講料、テキスト代、受験料)

  • 一般の人は2分の1以内の額を助成(1人当たり上限10万円)
  • 研修等が平日に実施される場合は、受講者の1日分の賃金相当額を助成(1人当たり1日につき上限3千円。他に補助がある場合はその差額)
  • 高校生は全額助成(1人当たり上限10万円)

対象者:市内に住所を有する人、市内に通学する人、市内に事務所等を有する団体

★対象となる研修・講習(例)

  • 伐木チェーンソー作業従事者特別教育
  • 刈払機取扱作業者安全衛生教育
  • 車輌系木材伐出機械特別教育
  • 特別教育・高性能林業機械オペレーター養成研修 など

■高性能林業機械等の森林施業の実地研修に係る経費【報償費、旅費、宿泊費、需用費(食料費を除く。)、役務費、使用料及び賃借料、実地研修に必要な機械器具等の購入費】
※高性能林業機械等の国県の補助対象となるものを除く

  • 2分の1以内の額を助成(機械器具等の購入費については1機当たり上限50万円)

対象者:市内に事務所又は事業所を有する森林組合、林業事業体等

2.人材育成団体支援事業

■森林組合、林業事業体等が実施する労働安全対策に関する研修に係る経費【報償費、旅費、宿泊費、需用費(食料費を除く。)、役務費、使用料及び賃借料】

  • 2分の1以内の額を助成(1事業当たり上限20万円)

対象者:市内に事務所又は事業所を有する森林組合、林業事業体等

3.新規林業就業者確保対策事業

■森林組合、林業事業体等が実施するインターンシップ等の受入れに係る経費【研修生に対する旅費、宿泊費、需用費(食料費を除く。)及び役務費】

■合同企業説明会等への参加に係る経費【参加費、旅費及び宿泊費(食料費を除く。)】

■新規林業就業者に対する防護服等安全対策用具の購入費

  • 2分の1以内の額を助成(1人当たり上限10万円)

対象者:市内に事務所又は事業所を有する森林組合、林業事業体等

4.有害鳥獣森林被害対策事業

■新規の第一種銃猟免許取得に必要な経費及び猟銃等の購入並びに所持許可に係る経費(旅費、食料費を除く。)

  • 2分の1以内の額を助成(1人当たり上限10万円)

対象者:市内に住所を有し、第一種銃猟免許及び猟銃所持許可を取得した人で、郡上市猟友会に入会し、かつ市が任命する鳥獣被害対策実施隊に入隊し、有害鳥獣の捕獲や被害防止対策の実施に継続的に取り組むことを誓約した人

~手続き~

 申請の前に、事業の対象となる研修会、講習会等であるかを確認しますので、まずはご相談ください。手続きの流れと必要書類は次のとおりです。

事務手続きの流れと必要書類(pdf・101.8KB)

交付申請

(共通)

事業種目ごとに次の書類の添付が必要です。

1.林業技術者育成事業

■森林施業に必要な資格取得、研修会、講習会等を受講する場合
  • 研修会、講習会等の開催要項の写し
  • 受講費用がわかる書類の写し
  • 受講者名簿(xls・31.5KB)(学生にあっては在学証明書又は学生証の写し)
  • 研修等が平日に実施される場合は、受講者の1日分の賃金相当額がわかる書類
■高性能林業機械等の森林施業の実地研修を実施する場合
  • 研修事業の計画が確認できる書類
  • 研修実施に係る費用がわかる書類
  • 実地研修に必要な機械器具等を購入する場合は、機械器具等の税込本体価格が記載された見積書の写し及び機械器具等のカタログ

2.人材育成団体支援事業

  • 研修事業の計画が確認できる書類
  • 研修実施に係る費用がわかる書類

3.新規林業就業者確保対策事業

■森林組合、林業事業体等が実施するインターンシップ等の受入れを実施する場合
  • インターンシップ等の開催要項の写し
  • 受講生の受入れに係る費用がわかる書類の写し
  • 研修生が確認できる書類(運転免許証、学生証等の写し)
■合同企業説明会等へ参加する場合
  • 合同企業説明会等の開催要項の写し
  • 参加に係る費用がわかる書類の写し
■新規林業就業者に対する防護服等安全対策用具を購入する場合
  • 安全対策用具の税込本体価格が記載された見積書の写し
  • 安全対策用具のカタログ
  • 新規林業就業者名簿

4.有害鳥獣森林被害対策事業

  • 第一種銃猟免許取得及び猟銃の購入等に係る費用がわかる書類の写し
交付申請後、計画変更や中止(廃止)があった場合

 「補助事業等計画変更・中止(廃止)申請書(rtf・59.4KB)」の提出が必要です。
※補助対象事業費が交付申請時の事業費より20%以下の減になる場合は、軽微の変更とみなすため、上記の申請書の提出は必要ありません。

実績報告

(共通)

事業種目ごとに次の書類の添付が必要です。

1.林業技術者育成事業

■森林施業に必要な資格取得、研修会、講習会等を受講した場合
  • 受講に要した費用の領収書等の写し
  • 受講証明書や修了証等の写し

■高性能林業機械等の森林施業の実地研修を実施した場合

  • 研修事業の実施内容が確認できる書類
  • 研修実施に要した費用の領収書等の写し
  • 実地研修に必要な機械器具等を購入した場合は、購入した機械器具等の写真

2.人材育成団体支援事業

  • 研修事業の実施内容が確認できる書類
  • 研修実施に要した費用の領収書等の写し

3.新規林業就業者確保対策事業

■森林組合、林業事業体等が実施するインターンシップ等の受入れを実施した場合
  • インターンシップ等の実施内容が確認できる書類
  • 受入れに要した費用の領収書等の写し
■合同企業説明会等へ参加した場合
  • 合同企業説明会等の実施内容が確認できる書類
  • 参加に要した費用の領収書等の写し
■新規林業就業者に対する防護服等安全対策用具を購入した場合
  • 購入した用具の領収書等の写し
  • 購入した安全対策用具の写真
  • 4.有害鳥獣森林被害対策事業

    • 第一種銃猟免許の写し
    • 猟銃所持許可証の写し
    • 第一種銃猟免許取得及び猟銃の購入等に要した費用の領収書等の写し
    • 誓約書(別記様式)(rtf・41.4KB)

    補助金の請求

     補助金の確定通知後、「郡上市林業技術者育成・確保事業補助金請求書(rtf・71.6KB)」の提出が必要です。確定通知する際に、申請者に請求書を提出するよう案内します。
     なお、事前に補助金を受ける場合は、「補助金等概算払(前金払)請求書(rtf・72.0KB)」の提出が必要です。

このページに関する
お問い合わせ先

郡上市役所農林水産部林務課

0575-67-2121

〒501-4297 岐阜県郡上市八幡町島谷228番地
FAX:0575-66-0157
E-Mail:rinmu@city.gujo.gifu.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

Qこのページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は役に立ちましたか

Qこのページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報は見つけやすかったですか

回答が必要な場合は、上記担当部署へ直接お問い合わせをお願いいたします。
問い合わせ先が不明な場合は、「ご意見・お問い合わせ」をご利用ください。
また、こちらの欄には個人情報を含む内容は記載しないでください。

よく検索されているワード