トップページ > 市政 > 広聴広報 > パブリックコメント > 郡上市食育推進基本計画

ここからメインメニュー

  1. メインメニューを飛ばして本文へ

市政のメニュー

1つ前のメニューに戻る

まちのうごき

【2018年4月1日現在】

人口 42300 -268
21724 -145
20576 -123
世帯 15302 -50

郡上の今

よくあるご質問

ここから本文

市政

郡上市食育推進基本計画

 平成22年1月から2月にかけて実施しました郡上市食育指針基本計画(案)に対するパブリックコメント制度の実施に貴重なご意見をいただきましてありがとうございました。
 意見募集の結果、市民1名から1件のご意見が寄せられましたので、そのご意見に対する市の考え方を公表いたします。いただいたご意見は、本趣旨を損なわない程度に要約して掲載しました。
 また、いただいたご意見は食育推進基本計画策定委員会において検討し、その内容を成案に反映して公表します。

パブリックコメント実施結果
募集期間平成22年1月22日~平成22年2月22日
意見提出人数、件数1人、1件
意見の提出方法FAX:1件

いただいた意見と意見に対する市の考え方

いただいた意見と意見に対する市の考え方
No.いただいた意見意見に対する市の考え方
1 昭和15年産まれ、私の子どもの頃は戦争中・戦後でした。砂糖は配給、米も麦・芋の入ったご飯でした。又、野菜のいっぱい入った「おじや」、餅にもよもぎ・雑穀入りでした。野菜の持っている甘味を活かして、たとえば、切干大根といんげん豆の炊き合わせ、自然の甘味、美味しさ、大根、芋の大きくきった煮物は冷めたら炭火で炙って焦げ目をつけると良質炭素。調味料無くとも本にがりの塩で作った梅干、味噌、醤油は素朴で素晴らしい食文化だったかもしれません。今ごろは自然食とか云いますが、私には不自然に思います。地産地消を取り入れ少しでも昔に戻す事考えてはどうかと思います。(メタボを考える事は不必要)
 ヨーロッパへ何度か訪問しましたが、全粒麦粉と塩だけのパンは良く噛んで好きなようにバター、ジャム、ハム、野菜で他国をいただく、こんなことが私は羨ましいです。
 日本は添加物過剰です。「牛、山羊は野草を食べて乳を出す」、人間も野菜でカルシウム(良質)を補えます。蛋白質も植物、海藻も食して楽しく感謝して満足しています。
 いただいたご意見のとおり、先人の知恵と知識による昔からの食文化(日本型食生活)は、地産地消の促進、安全で安心な食材の供給、健康増進、感謝の心の育成など、私たちの健全な暮らしのための大切な支えとなってきました。
 本計画では、そうした日本型食生活の効能をあらためて認識していくことを、大きな目標の一つとして掲げています。さらに、食文化を切れ目なく次世代に受け継いでいくためには、昔から各家庭で伝えられてきた食べ方や、作り方、味などを故郷を離れて思い出す「わが家の味」、「おふくろの味」として愛着を持つことが大切であると考えます。
 こうしたことから、いただいたご意見をもとに、計画の第2章「食をめぐる現状と課題」中、【わが家の味を伝える】の項において、昔から郡上の家庭でよく食べられてきた料理(漬物類、郡上で作られた地味噌を使った漬物の味噌煮、野菜を入れた味噌煮等)を、減塩など健康に配慮しながら次世代に受け継いでいくことが必要である旨の記述を追加しました。
 目標を達成するためには、市民一人ひとり、日々の暮らしの中で食育を実践していくとともに、関係機関や組織・団体及び行政が知恵を出し合い、食育を持続的に推進するための取り組みを構築していくことが重要となります。
 今後も食育に対し、ぜひ多くの市民の皆様の参画とご提案をお寄せいただきたいと思います。




この記事に関連のある資料

■お問い合わせ先
郡上市役所健康福祉部健康課
〒501-4297 岐阜県郡上市八幡町島谷228番地
電話番号:0575-67-1834、FAX:0575-66-0157
E-Mail:kenkou@city.gujo.gifu.jp



より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページについてご要望がありましたら下記に入力してください。
※お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)
問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「ご意見・お問い合わせ」をご利用ください。
(個人情報を含む内容は記入しないでください。)


 

ページトップヘ