トップページ > 市政 > 広聴広報 > パブリックコメント > 郡上市農業振興ビジョン

ここからメインメニュー

  1. メインメニューを飛ばして本文へ

市政のメニュー

1つ前のメニューに戻る

まちのうごき

【2018年6月1日現在】

人口 42208 -67
21668 -36
20540 -31
世帯 15331 -8

郡上の今

よくあるご質問

ここから本文

市政

郡上市農業振興ビジョン

 平成21年1月に実施しました郡上市農業振興ビジョン(案)に対するパブリックコメント制度の実施に貴重なご意見をいただきましてありがとうございました。意見募集を行った結果、市民等1人から1件のご意見が寄せられましたので、それらのご意見とご意見に対する市の考え方を公表いたします。いただきました意見は、意見の趣旨を損なわない程度に要約し掲載しております。 また、いただきました意見を同検討委員で検討し、盛り込んだ郡上市農業振興ビジョンをあわせて公表します。

パブリックコメント実施結果
募集期間平成21年1月1日から平成21年1月31日
意見提出人数、件数1人、1件
意見の提出方法FAX:1件

 

いただいた意見と意見に対する市の考え方

いただいた意見と意見に対する市の考え方
No.いただいた意見意見に対する市の考え方
1 我が家は農家ではありませんが、田畑の所有があり、現在は賃借人に耕作してもらっています。 (案)にも言及がありましたが、高齢化等により、昨今は耕作者を継続して探すのが困難となり、実際遊休農地が出ています。
 そこで、市が、仲介・紹介役となって、新たな耕作者・農家・家庭菜園をやりたい若い人たちなどを、わが家の様に賃借人が居なくて困っている家を結びつける役割をすることは可能でしょうか?
新たに耕地を探している人、小さな耕地の集積化で役立てることは可能だと思います。遊休農地を増やさない様積極的な関与を望みます。
 現在、作成いたしております郡上市農業振興ビジョンにも、ご指摘の仲介業務について、情報の一元的な管理による貸し手と借り手を結びつけての利用権設定を促進することや、遊休農地対策として、新たに農業を創めたいと思う方が、ふれあい農園の利用や農家での農業体験を行いながら就農への足掛かりになる体制づくりを図ること、また、現在は農地を取得するには法律で30a以上ないと農地が取得できませんが、 これらの条件の緩和などを盛り込み、新規農家の創出や農地の有効活用を実施していきます。

 




この記事に関連のある資料

■お問い合わせ先
郡上市役所農林水産部農務水産課
〒501-4297 岐阜県郡上市八幡町島谷228番地
電話番号:0575-67-1835、FAX:0575-66-0157
E-Mail:noumu@city.gujo.gifu.jp



より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページについてご要望がありましたら下記に入力してください。
※お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)
問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「ご意見・お問い合わせ」をご利用ください。
(個人情報を含む内容は記入しないでください。)


 

ページトップヘ