トップページ > 市政 > 広聴広報 > パブリックコメント > 郡上市観光振興ビジョン

ここからメインメニュー

  1. メインメニューを飛ばして本文へ

市政のメニュー

1つ前のメニューに戻る

まちのうごき

【2018年6月1日現在】

人口 42208 -67
21668 -36
20540 -31
世帯 15331 -8

郡上の今

よくあるご質問

ここから本文

市政

郡上市観光振興ビジョン

 郡上市観光振興ビジョンに対するパブリックコメント制度の実施に貴重なご意見をいただきましてありがとうございました。平成22年2月1日から平成22年2月26日までの募集期間中、1名の方からご意見をいただきました。ご意見の内容とご意見に対する市の考え方は次のとおりです。いただいたご意見は、意見の趣旨を損なわない程度に要約し掲載しております。
 また、いただいたご意見を考慮し策定しました郡上市観光振興ビジョンを併せて公表します。

パブリックコメント実施結果
募集期間平成22年2月1日から平成22年2月26日
意見提出人数、件数1人、1件
意見の提出方法直接提出:1件

いただいた意見と意見に対する市の考え方

いただいた意見と意見に対する市の考え方
No.いただいた意見意見に対する市の考え方
1 八幡市街地南部について、既存の体験施設や展示施設に加えて町家(空家)等を活用したギャラリーなどを整備し、願蓮寺、日吉神社、慈恩禅寺、愛宕神社を結ぶ地域まで含む「散策する回廊 文化の道」を考えてはどうでしょうか。 たいへん貴重なご意見をいただきました。ビジョンに掲げています基本計画の主な施策における「城下町」の本文に、次の通り追加させていただきました。
3.城下町
 -前文略- この「町家千軒」の保存と活用、また神社仏閣をより生かす企画開発や電柱地中化など景観向上についての検討などを行い、城下町としての魅力アップをすすめます。
 また、現在の観光客の散策は市街地北部が中心であり、今後は南部への流れを開発する必要があります。南部においても神社仏閣があり、また町家は北部よりも多く残っています。サンプル体験施設、やなか三館など既存民間観光施設も多くあり、これに加えて町家を活用したギャラリーや展示施設などを増やし、南部の散策コース(仮称)「散策する回廊 文化の道」の確立を目指します。
 城下町は着物の似合う町。着物を着て来町すれば観光施設の入館料割引を行うなど、郡上おどりの浴衣に加えて着物文化を奨励します。




この記事に関連のある資料

■お問い合わせ先
郡上市役所商工観光部観光課
〒501-4222 岐阜県郡上市八幡町島谷130番地1
電話番号:0575-67-1808、FAX:0575-67-1820
E-Mail:kankou@city.gujo.gifu.jp



より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページについてご要望がありましたら下記に入力してください。
※お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)
問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「ご意見・お問い合わせ」をご利用ください。
(個人情報を含む内容は記入しないでください。)


 

ページトップヘ