トップページ > 市政 > 広聴広報 > パブリックコメント > 郡上市市民協働指針

ここからメインメニュー

  1. メインメニューを飛ばして本文へ

市政のメニュー

1つ前のメニューに戻る

まちのうごき

【2018年1月1日現在】

人口 42676 4
21912 9
20764 -5
世帯 15359 31

郡上の今

よくあるご質問

ここから本文

市政

郡上市市民協働指針

 郡上市市民協働指針(案)に対するパブリックコメント制度の実施に貴重なご意見をいただきましてありがとうございました。平成21年4月1日から4月30日までの募集期間中、1名の方からご意見をいただきました。 ご意見の内容と、ご意見に対する市の考え方は次の通りです。いただいたご意見は、意見の趣旨を損なわない程度に要約し掲載しております。
 また、いただいたご意見を考慮して策定しました郡上市市民協働指針をあわせて公表します。

パブリックコメント実施結果
募集期間平成21年4月1日から平成21年4月30日
意見提出人数、件数1人、1件
意見の提出方法電子メール:1件

 

いただいた意見と意見に対する市の考え方

いただいた意見と意見に対する市の考え方
No.いただいた意見意見に対する市の考え方
1 市民協働指針(案)の内容は大変丁寧に作られていて、長い時間たくさんの人々の論議の積み上げによって成文化されたものであることが良くわかり、策定にかかわられた皆さんのご努力に敬意を表したいと思います。
 この指針により、郡上市の「市民協働」の取り組みはそのスタート地点に立つ事になり、あるべき「市民協働」の実現に向けた戦略と戦術が必要となります。
 (仮称)市民協働センターという機関がどのような位置づけで、どのような機能を発揮していくかがセンター設立準備会の最初の業務である事は記述されている通りだと思います。
 重要な事は、組織的にはあくまでも第三者機関として行政機能からは切り離す事だと思います。実質的な事務運営については、行政職員の力を借りなければ難しい部分もありますが、あくまで裏方に徹してもらって、所長及び事務局長は民間から登用、副所長などのポストには副市長などに対応してもらう事が望ましいと思います。
機関としての活動内容については、「市民協働」事業の課題抽出・現状分析、経過評価を中心とする評価機関(委員会)と市民協働の課題を具体的に推進し、市民協働事業を立ち上げていく、インキュベーションを担う実質的な活動母体としての活動機関(委員会)であると思います。
 評価委員会は、行政や地域団体およびNPO市民団体から20名-30名選出する事が望ましいと思います。特に、行政各部門の担当者(代表者)は各一人づつは委員を出す必要があります。活動委員会は取り組みを推進する部門として、プロフェッショナルな能力が必要とされますので、市民活動やNPO活動の経験者および学識経験者で構成する必要がありますが、ここにも行政各機関の中堅・若手職員に参加する機会を与え、郡上市が抱える問題を解決していく「市民活動」の可能性について体験し学ぶ機会を与える事が望ましいと思います。
 「市民協働」という社会的価値が理念共有の段階から、市民社会のあるべき姿として具体化し、地域に溶け込んでいく事を望みます。
 郡上市市民協働指針(案)は「郡上市まちづくり市民会議」において、市民委員を中心に、約1年3ヶ月にわたって議論を重ね、平成21年1月に市長へ提言して頂いたものを、郡上市が加筆修正して公表したものです。 この指針は、市民協働の考えのもとで、郡上市総合計画にある「みんなでつくる郡上」を実現するための、めざすべき方向性が示されたものとなっています。

 いただいた意見の中にあります、「(仮称)市民協働センター」については、市としても何らかの形でこのような組織が必要ではないかと考えており、指針の中でもその設置について言及しています。 指針では、このセンターがどのような役割を果たす組織なのかについては、具体的に示してありませんので、協働センターを誰が設置してどのような運用を図っていくのかについては、今後、多くの市民の参画を得ながら、みんなで充分に協議していく予定です。

 また、評価機関についてもその設置の必要性については認識しており、指針の中にも明記されています。組織の内容等については、誰が評価をし、どのような組織構成にするのか等について、今回、いただいた意見も参考に今後協議していく予定です。

 なお、中堅・若手職員に参加する機会を与え、「市民活動」の可能性について体験し学ぶ機会を与える事が望ましいといただきました意見についても、市としても今後検討していかなければならない事と考えており、指針の中でも、行政内部でも中堅・若手職員のプロジェクトチームを結成し、市民協働を推進するための手引き書を作成するなど、市民協働を進めるために、行政内部における市民協働推進体制について明記しています。

 今後も、多くの市民の参画を得ながら「郡上市市民協働指針」のもと市民協働を推進していきます。

 

意見募集時の資料

郡上市市民協働指針(案)(pdf・491.3 KB )




この記事に関連のある資料

■お問い合わせ先
郡上市役所市長公室企画課
〒501-4297 岐阜県郡上市八幡町島谷228番地
電話番号:0575-67-1831、FAX:0575-67-1711
E-Mail:kikaku@city.gujo.gifu.jp



より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページについてご要望がありましたら下記に入力してください。
※お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)
問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「ご意見・お問い合わせ」をご利用ください。
(個人情報を含む内容は記入しないでください。)


 

ページトップヘ